タイの田舎の男メシ 東北部イサーン地方の料理

OVO

2018/3/14 13:03


 世界各国の料理、男メシ、“オレの”なんとかなどなど…さまざまに形容される味を楽しめる昨今。でも形容の“奥”はまだまだ深い。東京・渋谷にオープンしたタイ料理店は、タイ東北部イサーン地方の料理、というかなり限定的な形容がなされる「タイ東北 モーラム酒店」だ。

イサーン地方の男たちは、野良仕事の合間の昼食や、仕事が終わった後の宴のつまみを競って作り、みんなで食べて疲れを癒やすのだそう。モーラムというイサーンの音楽を歌い、たわいもない話で盛り上がり、そして酔っ払って眠りにつく毎日。そんな日常の素朴で愛情ある田舎メシと酒、どこか懐かしい日本の演歌のようなイサーン音楽を堪能できるのが同店。

鍋を振るのはイサーンの男たち。「村で一番の腕前だった連中」だそうだ。タイの田舎の焼き鳥ガイヤーン(800円)、辛い田舎のソムタム(650円)、豚モツの透明スープのトムヤム(650円)、ラープという豚挽肉とハーブのサラダ(680円)、ハーブ蒸し鶏(680円)などが人気。現地並の辛さだが、調整可能。タイやラオスのビールもあり、帰宅前に軽く一杯、ができるタイ料理酒場だ。

営業時間: 月~金曜日 11:30~14:00(ランチ) 18:00~23:00(LO 22:30) 土曜日 18:00~23:00(LO 22:30)、日曜定休日

アクセス:東京都渋谷区円山町16−8(京王井の頭線 神泉駅前)

電話:03-6712-7747

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ