学生時代の制服を、コッソリ着てみた女性 恋人にその姿を目撃され?

grape

2018/3/14 11:44

学生時代の制服を捨てられず、思い出の品として保管している人は少なくないことでしょう。

引っ越しの際や大掃除の際に押し入れの中から取り出し、「懐かしいなあ」と思い出に浸ってしまいますよね。

『衣替えしたら晩ご飯が消えた話』

イラストレーターのにいち(@niichi021)さんが描いたのは、高校時代のセーラー服を発掘した22歳の真紀。

懐かしさと好奇心から、5年ぶりに制服を着てみることにしたのですが…。

体型が変化した…のではなく、制服が縮んだなら仕方がない!

晩御飯を作ってもらえなくなる気配を察し、パートナーであるてつくんは言葉を飲み込みました。

「服が縮むわけがない」と分かっていても、どうしても認めたくないのが乙女心というもの。真紀は、きっと心の中で涙を流したことでしょう。

甘ずっぱいはずの青春の思い出の品から、悲しい現実を突きつけられてしまう真紀なのでした…。

にいちさんのほかの作品はコチラ!

多くの心ときめく漫画を収録した単行本『夏色の君へ -少女アラカルト2-』が発売中です。真紀とてつくんの話も収録されています。

にいちさんの描く、胸キュン必須のストーリーをぜひご覧ください!


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ