美容鍼灸師が伝授!花粉症を予防するツボですべすべ美肌に

美LAB.

2018/3/14 11:50

美容鍼灸師が伝授!花粉症を予防するツボで、すべすべ美肌になる方法
春の訪れが感じられるようになりましたね!しかしながら、スギ花粉の影響で、鼻水、鼻づまり、目のかゆみの症状が出て、お肌がボロボロになって悩むことはありませんか?ということで今回は、「花粉症を予防するツボで、すべすべ美肌になる方法」について伝授します。

◆◆花粉で肌荒れしやすい理由とは?
花粉による肌荒れは、花粉を異物と認識した免疫機能が過剰反応し、ヒスタミンというかゆみやかぶれ、くしゃみなどを引き起こす物質が分泌されるからと考えられています。

まず、身体にはウイルスなどの異物を排除し、身体を守る免疫機能があります。本来、花粉は人体に害はないのですが、免疫機能が花粉を異物と勘違いし、花粉をの侵入を阻止するために、ヒスタミンという物質が放出されるのだそう。

このヒスタミンの刺激で身体にアレルギー反応を起こし、目のかゆみ、かぶれ、くしゃみ、鼻水、肌荒れなどの症状が出やすくなります。

また、お肌の表面にある角質層には、異物からお肌を守ってくれるバリア機能があるのです。しかし、花粉の時期は角質層にもダメージを受け、バリア機能が低下し、花粉が入り込み、お肌に刺激を与えることで肌荒れの原因になりやすいのです。
花粉症
◆◆花粉症を予防する習慣は、これ!
1.こまめに掃除機をかけましょう。
外から侵入した花粉を取り除くことで、自宅でくつろげますよ。花粉のほかにも、ダニやほこりなどのアレルギーを引き起こす物質が身体に入ると、その刺激でくしゃみや鼻水がでたり、目がかゆくなったりすることもあるのです。

2.外出する時は、帽子やマスク、サングラスをかけましょう。
花粉が顔に触れないように心掛けてくださいね。マスクやサングラスをする前に、化粧水や乳液などでしっかり保湿をすると、摩擦でお肌が荒れにくくなりますよ。

3.帰宅後は、早めにうがいや洗顔をしましょう。
顔に付着した花粉をすばやく取り除くことで、アレルギー反応が出にくくなりますよ。洗顔のときに、お湯が熱すぎないように注意してくださいね。ぬるま湯での洗顔を心がけることで、お肌のバリア機能を高めやすいです。
掃除機をかける
◆◆花粉症を予防する3つのツボはこれ!
1.迎香(げいこう)
小鼻の横にある、骨のきわのくぼみにあるツボです。人差し指で、上方向に10秒間を3回、強めに押してくださいね。鼻水や鼻づまりを改善に導き、鼻の通りを良くしやすくなります。鼻の形も整いやすいですよ。

2.印堂(いんどう)
両眉頭の真ん中に位置するツボです。人差し指で、真下にゆっくりと、押したり離したりを繰り返してくださいね。

鼻水が止まりやすいですよ。また、精神を落ち着かせストレスを和らげたり、脳の血流を改善に導いたりする効果も期待できます。鼻筋をスッと高くしたい方にもオススメです♪

3.攅竹(さんちく)
眉頭の内側で目の上の骨のふちのくぼみにあるツボです。親指の腹で左右のツボを強めに刺激し、強めに押し上げてくださいね。

目の排出器官の働きを促進する効果を導き、眼圧を下げやすくなり、目のかゆみも抑えられやすくなります。また、腫れぼったいまぶたもスッキリしやすいですよ。
迎香のイメージ
花粉症を予防して、すべすべ美肌を手に入れましょう!
Photo by fotolia

あなたにおすすめ