最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

THE ALFEE、初の3人そろって声優挑戦「45年間一緒なので声を合わせるのは得意」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
“名匠”リュック・ベッソン監督がメガホンを取るSF超大作「ヴァレリアン 千の惑星の救世主」が、3月30日(金)に日本公開を迎える。

本作は、「スター・ウォーズ」シリーズに多大な影響を与えた伝説のSFコミックを原作に、銀河をパトロールするエージェント、ヴァレリアンとローレリーヌの美男美女コンビが全宇宙の存亡を揺るがす陰謀に立ち向かうというストーリー。

今回、本作で3人そろっての声優挑戦は初めてというTHE ALFEEの桜井賢、坂崎幸之助、高見沢俊彦にインタビューを敢行!

物語の鍵を握る、5000の言語を扱う愉快な情報屋トリオ「ドーガン=ダギーズ」を演じた感想や、アフレコで気を付けたことなどを語ってもらった。

――ドーガン=ダギーズというキャラクターでアフレコに挑戦した感想は?

高見沢:どんなキャラクターを演じるのかとビジュアルを見た時に「えっ、これを俺たちが?」って思いました。3人だからって安易(な起用)じゃないかと(笑)。

坂崎:分かりやすいよね。長いこといろんなことをやってきましたけど、吹き替えを3人でやったのは初めてです。

高見沢:個人的に、俺は2回目です。

坂崎:僕も散歩番組のナレーションを担当したぐらい。でも、ちょっとふざけたようなキャラクターはちょうどいいかも。僕も“童顔(ドーガン)”ですから(笑)。

桜井:老眼?

坂崎:違うよ!(笑)

桜井:セリフのテンポがものすごく早いんですよ。最初に映像を見た時、これは駄目だと思いました。練習のしようがない(笑)。

高見沢:字幕版では、一人の俳優さんがやっているからね。

桜井:どのタイミングで言えばいいのかが難しいんですよ。現場でプロのアドバイスを聞きながらやろうと思ったら、3人のテンポでいいということになって。

収録時間はたっぷりあったんですけど、意外と早く終わりました。宇宙人というキャラだから声は合成するのかなと思ったら、自分たちのまんま(笑)。

高見沢:高校時代から数えて45年間一緒にやっていますから。声を合わせるのは得意なのかも。もし、また3人組の役があったらアルフィーで(笑)。

坂崎:3人組のキャラクターって結構あるよね。

高見沢:今回演じた「ドーガン=ダギーズ」は金にがめついという設定。これは、桜井にぴったりの役でしたね(笑)。

桜井:よくそういうことが言えるね。みんな信じちゃうだろ(笑)。

高見沢:“貯金”が趣味だって言ってるんだから、いいじゃん。

坂崎:“がめつい”って言葉、久しぶりに聞いたよね(笑)。

――声の演技で苦労した点は?

高見沢:特にないですね。

桜井:役作りをする材料がないから、やりようがないんです。1秒間で3人のセリフを入れないといけないんですけど、そんなの無理(笑)。

坂崎:大体、カブっていた(笑)。

高見沢:役作りは特にしていません。普段の俺たちの会話みたいなもんですよ。テンポ感も、楽屋でしゃべっている時と同じ。

坂崎:むしろ、役を作ったらできないんだろうね。

桜井:絶対できない!

高見沢:いつもライブでコントをやったりしているから、こういうものに対して変なアレルギーはないんですよ。

桜井:あらためて、言葉で表現する声優さんはすごいと思いました。こっちは時間内に言葉を入れることで精いっぱい。とても演技どころじゃない。

坂崎:いい経験をさせてもらいました。グループ名を“ドーガン=ダギーズ”に変えちゃおうかな(笑)。

高見沢:これ以上バンド名を増やすのはやめようぜ(笑)。

坂崎:でも、このビジュアル、すごいよね。

高見沢:ヒヨヒヨの頭がちょっと気になるが(笑)。

――3人の中でアフレコが上手だったのは?

高見沢:みんなそれぞれうまいと思いましたよ。これは、コントに使えるなって。

坂崎:あの衣装、作るの~?

桜井:着られないだろ! でも、おまえ(坂崎)は合ってるよ。手が長いから(笑)。

――今作の世界観については?

高見沢:リュック・ベッソンの映像美はすごいものがある。ぜひ、大画面で見ていただきたいですね。

坂崎:パール星人の描き方もそうですけど、引きつけられるものがありますね。

桜井:最初に字幕版を見たときは、文字を追うのに精いっぱいで映像を見る余裕がなかった(笑)。その点、吹替版は安心して見られるから楽ですよね。

――映画を見るなら吹替版がオススメということですね。

桜井:俺の場合は、字幕を追うのに疲れちゃって。

坂崎:英語だと大変らしいです(笑)。

高見沢:脳がドーガン=ダギーズ並に小さいんですよ。

桜井:バカが“バレ”リアン(笑)。

坂崎:うまい!(笑)

――「ドーガン=ダギーズ」は情報屋ですけど、3人の中で一番の情報通は?

高見沢:誰も情報通じゃないですよ(笑)。それぞれ、得意分野が違いますからね。楽屋とかで話していると、いい意味での情報交換になります。

坂崎:トカゲの値段とか?(笑) 桜井は必ず聞いてくるんですよ。

桜井:値段ぐらいしか分からないじゃないですか。どんな貴重なものなのかは。好きでもなんでもないんだから、値段で判断するしかない(笑)。

高見沢:そこががめついと言われるところなんだよ。

桜井:価値観の問題だよ(笑)。

坂崎:桜井から特に情報を得ることはないかなぁ。

高見沢:でも、どういう焼酎がおいしいとか?

坂崎:あっ、それがあったね。あとはテレビ番組とか。よく見ているんですよ。夕方の4時まで待って、そこから焼酎を飲むらしいんです。テレビを見ながら。

桜井:一応ね、人としてのルールがあるんだよ。

坂崎:朝からは飲まないんだね。小原庄助さんみたいに。

高見沢:日が落ちてから飲めば?

桜井:それだと、毎日違う時間になるし、夏だと結構待たないといけない。冬は早く飲めるけどね(笑)。

坂崎:高見沢からは、音楽とギター。それとグループサウンズ(笑)。

高見沢:“GS”のことなら任せてください。結構、最後の方までシングル盤を買っていましたから。有名な曲のB面とか、何でも知っていますよ(笑)。

坂崎もフォークソングについて詳しいですからね。二人でいると音楽の話で盛り上がります。

――その時、桜井さんは…?

坂崎:焼酎の話と、あとは貯金。利率はどこが高いとか詳しいんですよ(笑)。

――音楽といえば、劇中でも効果的に使われていますよね。

高見沢:デヴィッド・ボウイとかね。あれは監督の趣味なのかな? 映画を見ている時、音楽が気になることは多いですよ。気に入ったらサントラも買いますし。

坂崎:映像と音楽は切り離せないですよね。でも、僕は映像に集中しちゃうと、音楽まで気が回らない。2、3回は見ないとダメですね。

高見沢:坂崎は昔から外国の俳優さんの顔が分からないらしいんですよ。

坂崎:そうなんですよ。途中で「あれ、この人は重要な人だっけ?」とか「さっき似たような人が出てきたよな」って、頭の中でこんがらがってしまうんです。

――何となく分かるような気がします(笑)。

坂崎:分からなくなるでしょ?(笑)

高見沢:それはないよ(笑)。

坂崎:洋服が変わると、もう駄目。一番ヤバいのは戦争映画。みんな同じ格好しているんだもん(笑)。

桜井:音楽によって感情が高まっていくことはありますよね。この間、久しぶりに「トップガン」を見たんですけど、あらためて音楽の力のすごさを感じましたね。

――主人公の二人は強い正義感と好奇心を持って任務を全うしようと奮闘していますが、皆さんが長く活動していく中で大切にしていることはありますか?

高見沢:長く続ける秘訣(ひけつ)ということではないかもしれないけど、毎年何を中心に活動していくのかを考える時に僕らはミュージシャンなので、やっぱりライブなんですよ。それを45年間やってきていますから。

常にライブ中心。そこはブレていないし、これからも大切にしていきたいと思っています。

坂崎:僕も同じ気持ちですね。たまに、若いミュージシャンから「飽きないですか」って聞かれたりするんですけど、飽きるのかなぁって思ったりするんですよ。そもそも、長く続けるための答えなんてないですしね。

バンドといってもみんな他人だから。ある程度目標を達成したら、次に何をするのか探さなくちゃいけないし、それぞれにやりたいことが出てきたりする。

だから、もう性格かもしれません。僕ら3人は、何となく合っていたんでしょうね。

高見沢:そういう意味では、がめついヤツが一人はいた方がいい(笑)。

坂崎:確かに必要かもね。

桜井:結局、そこにたどり着くのね(笑)。ライブは毎回違いますし、お客さんも変わる。飽きることなんかないですね。

高見沢:今年も4月から始まりますが、この春も前回のツアーより、良いものを目指して頑張ります!(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

https://news.walkerplus.com/article/140395/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス