最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

基礎体温の高温期と低温期が分からない・・・妊娠できる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
排卵日を知るために、基礎体温をつけている女性は少なくありません。今回の相談者さんもそんな一人ですが、高温期と低温期が分かれておらず、排卵日の見当がつかないようです。妊娠できないのでは?と悩む彼女に、専門家からはどのようなアドバイスが寄せられたでしょうか。

基礎体温についての相談:「安定しない基礎体温、産婦人科を受診すべき?」

『基礎体温の低温期と高温期が分かれていません。生理は29日周期で、生理前に体温が下がるので、生理の把握には役立っていますが、高温期の分かれ目が分からず、排卵日がいつか見当がつきません。体温は常に上下していて、妊娠できるのか不安です。測り方の問題やストレスが原因とも聞きますが、産婦人科を受診した方が良いでしょうか。妊娠できないと言われるのが怖くて、なかなか受診に踏み切れずにいます。(20代・女性)』

高低差が0.3~0.5℃なければ病気の可能性あり。病院で検査を


高温期と低温期に0.3~0.5℃以上の差がない場合は、無排卵の可能性があります。病院を受診し、早めの治療が必要です。

『グラフがガタガタでも、低温期の平均との差が0.3~0.5℃あれば高温期と判断され、排卵が起きていると考えて良いでしょう。しかし高温期との差がなく、常にガタガタしたグラフでは無排卵が考えられます。妊娠するためには、排卵が起きていることが条件です。無排卵の場合は、早めに検査・治療しなければなりません。(産科・婦人科医師)』

『生理周期が短い、または39日以上と長い・出血日数が短く3日以内で生理が終わる、または1週間以上出血が続く・出血量が少ない、または多過ぎる等があれば、無排卵の可能性が高くなります。(産科・婦人科医師)』

『日常生活も原因になりますが、生活習慣に注意してもなお、低温期と高温期の区別がつかないほど、基礎体温が上下にガタガタしている・体温の変化が見られない場合は、婦人科系の病気など、身体の不調が起こっている可能性があります。これまでの基礎体温表を持参して一度病院を受診し、検査を受けることをお勧めします。(看護師)』

正しく測定できているかチェックを。冷えやストレスにも注意を


基礎体温が正しく測定できているかもチェックしましょう。冷えやストレスの影響も受けやすいので注意しましょう。

『基礎体温は正しく測定できているでしょうか。気温やちょっとした動きでも左右されますので、なるべく同じ条件で、正しい方法で測定してください。少なくても3カ月以上は測定しないと、判断が難しくなります。(産科・婦人科医師)』

『基礎体温は、睡眠時間・起床時間・飲酒・冷え・ストレス等によっても変化します。特に、疲労やストレスで自律神経のバランスが崩れたり、身体が冷えたことで女性ホルモンが大きく影響を受け、生理不順や排卵障害を招くことがあります。休息を取ること、ストレスを溜め過ぎないこと、身体を温めることを心掛けましょう。(看護師)』

『ご経験がある方も多いかと思いますが、体温測定を行う際につい二度寝をしてしまった時、正確に測定できていない場合もあります。舌の下に入れて、口を閉じて測定をしましょう。(助産師)』

基礎体温は些細な変化の影響も受けやすいため、同じ条件で計ることが大切です。冷えやストレス等にも注意しましょう。それでも高温期と低温期に0.3~0.5℃の差がなければ、排卵が起きていないことも考えられますので、病院で検査し早めに治療しましょう。


外部リンク(イクシル)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス