最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

「キスは汚い」「インスタは脅迫観念」 闇が深すぎる堀田茜に鈴木奈々「嫌だこの女」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

13日深夜放送『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)でモデル・堀田茜(25)が、鈴木奈々(29)も思わず「嫌だこの女」と叫ぶほどの超潔癖な性格を告白。視聴者からも驚きの声が溢れている。

(画像は堀田茜Instagramからのスクリーンショット)

■男性とのキスは汚い


雑誌『CanCam』の専属モデルを務め、バラエティ番組でも活躍する堀田だが、温泉では「湯船に浮いた皮脂」で吐き気をもよおし、友人と鍋をしても唾液が気になって箸をつけられないなど、芸能界最強クラスの潔癖症。

「普段の生活では集団行動で差し支えのないように行動する」ものの、「潔癖症がいきすぎて菌が見てきた」ことを明かす。

これまで3人の男性と交際経験があるが、ファーストキスの後は「ウェットティッシュで唇が荒れるくらい拭いた」など、好意のある男性も「汚い」と感じてしまうと悩みを吐露。

そういった性格から、男性側から告白されたにも関わらず、「3人全員に2~3ヶ月でフラれた」ことを明かした。

■さらに闇の深さが露呈


潔癖症からか人間関係も断捨離気味。「この人、私の人生にきっと必要ない」と判断すればすぐにLINEをブロック、連絡先を消去する。

「自分の時間があるし、自分の好きなようにしたいから私の所に入ってこないで」と考え、年を重ねるごとに友人が減っていった結果、現在は「2人」しかいない。

モデルの仕事上、必要に迫られたインスタは「脅迫観念で泣く泣くやっている」ため、自撮りをアップする人たちに「自己顕示欲をそんなに出してどうするの?」と疑問を持つなど、闇の深さを露呈した。

■視聴者からは賛否


鈴木は「嫌だこの女」と絶叫。森三中・大島美幸(38)も「だからフラれるんだよ」と厳しい言葉が飛んだが、視聴者からの反応はさまざまだ。







日常生活に支障があるほどの潔癖症への心配の声が多かったが、偏った性格に対して好意的な意見も少なくない。






■3割以上が潔癖症


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,387名を対象に調査したところ、3割以上が「潔癖の自覚がある」と回答している。

(©ニュースサイトしらべぇ)

吊り革やお釣りに触れない、公衆トイレを使えないなど、潔癖症の人々は日々の生活の中で悩みを持つ。度が過ぎた潔癖症であろう堀田は、息苦しい生活を送っていることだろう。

・合わせて読みたい→因果応報?「浮気性」の人ほど「潔癖」になってしまう理由が判明

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日
対象:全国20代~60代の男女1,387名(有効回答数)

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス