今日はちょっと、素敵なふたり。ワンランク上の大人デートで気をつけたいこと

ハウコレ

2018/3/14 11:00



気取らない場所で思いきりはしゃげるデートもいいですが、たまにはワンランク上の大人なデートで彼と特別な時間を楽しみたいですよね。だけど、そういったちょっとかしこまった場所では、普段よりちょっとだけ気をつけたいこともあるもの。せっかく誘ってくれた彼にも恥をかかせないよう、そして、いつもよりちょっとシックに、大人な時間を堪能できるよう、気をつけたいことを紹介していきますね!

■「おしゃれ」より「身だしなみ」を意識して
ちょっとかしこまった場所でのデート、まず気になるのはファッションですよね。いちばん気をつけたいのが、靴。ミュージアム系は、固い床や高い天井など、音が響きやすい構造になっていることも多いもの。

高いヒールはコツコツと大きな音が出るし、かかとが低いパンプスも底がすり減っていたり壊れていると音がするので、事前にチェックしましょう。

美術館や博物館は、どことなく異空間のような空気が漂う、時が止まったような場所。そんな、しんと澄んだ独特の空間が好きで訪れる人たちも多いので、けっして彼らの邪魔にはならないで。

つばの広い帽子やニット帽なども、まわりの人の視界を遮る要注意アイテムです。そもそも、かしこまった場所では帽子は避けたほうがよいので、最初からセレクトしない方が無難です。どうしても荷物が多くなってしまいそうなときは、クロークやロッカーに預けるなどの気遣いができるとグッド。おしゃれは自分のためにするもの、身だしなみはまわりのためにするもの、という意識をちょっと持てると、選ぶアイテムが変わって、大人のデートが楽しめる女性に一歩近づけそうです。

■写真撮影は慎重に!
美術館などではずっと見ていたくなるような、魅力を放つ作品に出会うことも。そんなとき、手元に残しておきたい!と写真を撮りたくなりますが、作品はもちろん、館内も撮影禁止の場合があるのでスマホやカメラは出さない方がベター。コンサートでも厳禁です。

高級レストランでも、写真撮影は十分注意して。料理が運ばれて来るたびに写真を撮ったり、テーブルの上にスマホを置きっぱなしにするのはすごく「子どもっぽい」行為です。どうしても写真が撮りたいときは、お店の人に必ず確認しましょうね。「すごくすてきなお料理だから、写真に残したいんだけど…お店の方に聞いてもいいかな?」など彼にもひとこと添えられれば、より気遣いは伝わります。

ただ、本当に写真を撮る必要があるのかな?と一度考えてみることはとても重要です。高級なレストランやバーでのお会計が高いのは、単に良質な素材を使っているだけでなく、繊細なサービスやラグジュアリーな空間、といった雰囲気代も含まれているから。

行き届いた心遣いに、色鮮やかなひと皿。エモーショナルなシーンはたくさんありますよ。せっかくの特別な体験、SNS用の写真を撮るより、彼とゆったりとした時間の移ろいを楽しんでみてください。くれぐれも、子どもじみた姿を見せて、彼が周囲にフォローすることになったり、「もうこういう場所には連れて来れないな」とがっかりさせないように。

■おわりに
いかがでしたか?無理に肩肘張って「あなたらしさ」を封印する必要はないですが、ちょっと意識するだけで特別なデートがよりいっそう楽しくなりそうですね♡まわりに配慮できるすてきな女性になって、彼と色々な場所で大人のデートを楽しめるといいですね!(白石結衣/ライター)

(高﨑哉海/モデル)(島崎雄史/カメラマン)(真己野ナナ/ヘアメイク)(辻野祐馬/ディレクション)

(ハウコレ編集部)

あなたにおすすめ