女優・工藤遥にインタビュー! 「モーニング娘。OGとして責任感が生まれた」

ザテレビジョン

2018/3/14 09:00

「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」(毎週日曜朝9:30-10:00、テレビ朝日系で放送)でルパンイエロー・早見初美花(はやみ・うみか)を演じているのは、モーニング娘。OGの工藤遥。今年、グループを卒業して、女優として活躍する彼女に近況を語ってもらった。

■ 工藤遥さんが演じる役柄について詳しく教えてください!

工藤:ルパンイエロー・早見初美花という女のコです。初美花はルパンレンジャーの中でも一番仲間を大切にしていて、人のために動けるコです。私もそういう人でありたいなと思っているので、演じていて共感できます!

■ かわいいキャラクターですよね。

工藤:妹キャラで、ちょっと“おバカちゃん”な性格が彼女の魅力です。ただ私はサバサバしているのでその部分は正反対だから、かわいく演じるお芝居が難しくて……。

■ でも、ハロー!プロジェクト時代、周囲は“かわいいコ”だらけでしたよね?

工藤:そうなんです! なので、演じるにあたって先輩の道重さゆみさん、後輩の牧野真莉愛を役作りの参考にしました(笑)。

■ 撮影現場はどんな雰囲気ですか?

工藤:すごく和気藹々としていますね。今流行っているのは“セリフ泥棒”。誰かのセリフを、みんなで真似をします。特にパトレン1号の結木滉星さんや、ルパンブルーの濱正悟さんがよくやってくるんですよね。シーンを撮る直前に真似されると、笑いそうになっちゃうからやめて欲しいです(笑)。

■ そんな楽しく撮影の日々を送る工藤さんの姿に、ファンの方も喜んでくれているのでは!

工藤:卒業を発表してから、一刻も早く女優・工藤遥としての姿を届けたいと思っていました。なので卒業からすぐにこの作品のキャスト発表ができ、放送がスタートしたので、本当によかったなと思います。

■ モーニング娘。を卒業して、今改めて思うことは?

工藤:やっぱりモーニング娘。っていうグループは、たくさんの方に知っていただけているすごいグループだと思います。卒業した今だからこそ、私の言葉や行動一つでモーニング娘。というイメージも変わってしまうかもしれないと責任感が生まれました。

■ アイドルから女優へ転身。これからはどんな道へ?

工藤:今はモーニング娘。OGという肩書きに助けられていることがいっぱいあると思うんです。でもいつかは、その肩書きに助けられることなく生きていかなきゃいけないなと思っていて。そこに早くたどり着きたいですね。「工藤遥」に興味を持ってもらえて、調べたら「モーニング娘。」に在籍していて、びっくりした!という人が現れたらうれしいですね。私が女優として活躍することで、モーニング娘。を、そして、ハロー!プロジェクトのことを知ってもらえる機会がもっと増えたらいいなと思います。

■ ちなみに、同世代で活躍している女優さんもたくさんいますよね。

工藤:その中で、戦っていかなきゃいけないと思っています。まだ肩を並べられないので、早く肩を並べて切磋琢磨できるようになりたいです。同世代の女優の皆さんは、顔も声も可愛くて……私は声がハスキーだし…。自分の特徴であるこの声が「凶」と出るか「吉」と出るかですね(笑)。でも自分の個性的な部分を良い方向に伸ばしていけたらいいなと思います。

■ 今後、工藤さんが演じてみたい役柄は?

工藤:まだ10代なので、制服を着られるうちは、学園ドラマにも出演してみたいです。過去の舞台では男役を演じていたので、昔からのファンの方は私が女の子を好きだと思っているかもしれないし(笑)。だから、私が男の子に恋する役を演じたらビックリして大変なことになっちゃうかも!?。でもそうやっていろんな役を演じて、いろんな部分の私を見ていただけたらうれしいですね。少しずつ経験を重ねて、堂々と「女優です」って言えるような自信をつけたいです。(ザテレビジョン・取材・文=横前さやか)

https://news.walkerplus.com/article/138741/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ