最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

漁師から直接お取り寄せ! 「サメはトロに匹敵するほど激ウマ」って本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(©ニュースサイトしらべぇ)

水族館でよく見る「サメ」。あんなに怖い顔をしているが、実は激ウマなのを知っているだろうか。フカヒレやキャビアといった高級料理のイメージが強いが、刺身もおいしく、しかも安いそう。

そこで、早速しらべぇ取材班も取り寄せて試食してみることに。

■漁師から直送


今回は農家・漁師から直接お取り寄せができる『ポケマル』を使って、秋田県の漁師・山本太志さんから「アブラツノザメ」を取り寄せてみた。

(画像はポケマルのスクリーンショット)

これでサメの準備は完了…だが、まるまる1匹届いても、捌ける人は社内にいない。そこで、プロの料理人に頼むことに。

サメを持って記者が向かったのは、高知県のアンテナショップ『まるごと高知』内にある、地元食材の料理が楽しめるレストラン『おきゃく』。

(©ニュースサイトしらべぇ)

捌いてもらうのは、ここで料理長を務める山下裕司氏(写真右)だ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

届いたアブラツノザメを取り出してみると、飲食店で使う大き目のまな板でもはみ出てしまう大きさ。おいしそうというより…ちょっと怖い。

(©ニュースサイトしらべぇ)

まずはヒレを切り落とす。よく知られている「フカヒレ」になる部分だが、作るのはかなり面倒なんだとか。

(©ニュースサイトしらべぇ)

続いて、お腹の部分を切っていく。捌くスピードが早すぎて撮影が追いつかない…さすがプロだ。

(©ニュースサイトしらべぇ)

お腹を開くと、ほんのりピンクがかった白身が姿を現す。見た目は、まるで白子のよう。

(©ニュースサイトしらべぇ)

これは脂身です! と言われたら、信じてしまいそうなくらい白い。名前にも「アブラ」が付いており、かなり脂が多そうに思うが…。さっそく料理長がオススメするサメ料理4品を試食してみることに。

(1)サメのたたき


(©ニュースサイトしらべぇ)

まずは高知県の郷土料理「カツオのたたき」風に、「サメのたたき」を作ることに。

表面を炙ったことで香ばしさが加わり、少し身も柔らかくなる。うま味が濃いのでそのままでもいいが、醤油かポン酢をつけてもおいしい。

(2)サメの刺身


(©ニュースサイトしらべぇ)

部位によって見た目も食感も変わるというので、他の部位も食べ比べてみることに。

真っ白なたたきとは異なり、美しいピンク色が目を引く。一口食べてみると、身はかなり弾力があって食感も楽しい。これはおいしいぞ…。 意外とさっぱりしていて、生姜と一緒に食べるのもオススメ。

(3)サメの湯引き


(©ニュースサイトしらべぇ)

九州などでは、サメを湯引きして食べることが多いそう。サッと湯通ししてからすぐに氷水に入れると身が引き締まり、ぷりっとした食感に変化。

湯引きは醤油ではなく、酢味噌にすりおろし葉にんにくを混ぜた高知の調味料「ぬた」をつけていただくことに。

(©ニュースサイトしらべぇ)

クセのないサメに、葉にんにくの味が強いぬたをたっぷりつけることで、味にインパクトがでる。

(4)サメのムニエル


(©ニュースサイトしらべぇ)

ほどよく残る酸味と、野菜の甘みのバランスがいいトマトソースは、サメのよさをより引き立ててくれる。お好みでレモンを絞ると、さらにさっぱり。身はかなり柔らかく、ふわっとしている。

いろいろな料理方法で実際に食べてみて、サメは他の魚とは違う食感やうま味をもっているんだ…と実感。料理長によると、クセがないのでどんな料理にも合わせやすく、から揚げやすき焼きにしてもおいしいんだとか。

サメのような食物連鎖の頂点にいて、かつ繁殖力の高い魚は、適度に捕獲することが資源保護にもつながるという。

残念ながらサメは現在販売していないが、『ポケマル』では他にも「ヤリイカ」や「幻のガサエビ」などを山本さんからお取り寄せできる。気になった人は、ぜひ注文してみては。

・合わせて読みたい→出川哲朗が唯一NGを出した企画がヤバイ 「さすがに怖すぎる」と話題に

(取材・文/しらべぇ編集部・鎌田 真悠子 取材協力/ポケットマルシェ/山本太志

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス