最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

専門家に聞いた!2018年春ファッションの傾向

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
春の兆しを感じる今日この頃。重いアウターから開放され、軽やかな春の装いへシフトチェンジする時期だ。そうなると気になるのがこの春のファッションの傾向だ。実際「教えて!goo」にも、「春らしいコーデについて」、「メンズファッションでこの春オススメのアイテムやコーディネートありますか? 」、「ファッションはどうするべきですか?」などと、春のファッションについて質問しているユーザーは多く、皆さん気になっている様子。そこで、色とスタイリングの専門家である都外川八恵さんに、今春のファッションやカラーの傾向や、揃えておきたいアイテムについて聞いてみた。

■2018年春のファッションやカラーの傾向

まず、男女それぞれのファッションやカラーの傾向について聞いた。

「メンズは、ビッグやワイドなシルエットが主流で、パジャマ風の“パジャマシャツ”など、リラックススタイルが台頭しています。一方で、レトロやクラシック、ヴィンテージなど古着っぽさを感じさせるアイテムや、機能性を兼ね備えたスポーツミックステイストもトレンドです」(都外川さん)

レディースで昨年から続いている“ビッグやワイドなシルエット”の流れが、メンズにもやって来ているとのこと。では、レディースの変化はどうだろうか。

「レディースも引き続きボリュームのあるシルエットが主流です。トップスはフリルやギャザーのほか、ウエスト部分が絞られ裾が広がっているペプラムなどが人気です。袖はパフやバルーンなどフェミニン感が強くなり、人気だったオフショルダーが、今年はワンショルダーなどの変形バージョンで登場しています。ボトムスでは、ギャザーの入ったものやハイウエストなスタイルが人気ですね」(都外川さん)

カラーは男女とも、春らしいパステルカラーが主流だという。

「メンズは、白や桜色のような優しいピンクが人気です。また、グレイッシュなスモーキーカラーや、くすんだアッシュカラーはパステルカラーとの相性がよく注目です。レディースでは、パステルの中でもラベンダーカラーに注目ですが、差し色やつなぎ色に、ビビッドなオレンジ、イエローなどの暖色系や、シルバーなどのメタリックカラーを取り入れると新鮮です」(都外川さん)

男女とも、春色のビッグシルエットは押さえどころのようだ。

■2018年春にオススメの小物やアウター

さまざまなファッションに合わせられる、使い勝手のよい小物やアウターについても聞いてみた。

「メンズ小物では、スポーティテイストな“ガチャベルト”や、トレンドの白を意識したスニーカー、シャワーサンダルが人気です。アウターでは、オーバーサイズに見えるようなロング丈のものをレイヤード風に重ね着するのがトレンドです。また、もとはゴルフ用ジャンパーで、クラシカルな雰囲気を漂わせた“スウィングトップ”や、襟付きながらスポーティで機能的な“コーチジャケット”もオススメです」(都外川さん)

布製のガチャベルトは、腰に1周巻いてベルトループに通し、巻いたベルトの内側にベルト先端を通し、体の左サイドに長く垂らすのがオシャレだとか。都外川さんは「あえてキレイ目のワイドパンツなどに合わせるとオシャレです」と教えてくれた。

キレイ目コーディネートは小物で着崩すのが、“今春風”なのかもしれない。

「レディースバッグでは、ウエストポーチやウエストバッグのほか、ひと癖あるようなミニバッグ、大きさの違うバッグの2つ持ちが人気です。フェザーやフリンジ、レース、メッシュなど主張する素材のアクセサリーも今春らしいです。トレンドの白のアウターを用意しておくと、白系のボトムスと合わせて、旬の“セットアップコーデ”ができ便利です。定番のトレンチコートは、今期さまざまなカラーやデザインのものが出ているので、注目してみてください」(都外川さん)

最後に、都外川さんは「ファッションは、自分らしさをベースに、トレンドをちょい足しするくらいがオシャレです」とアドバイスをくれた。自分らしさ7割、トレンド3割位が丁度よいそうなので、トレンドに流されすぎず、自分らしいオシャレを楽むのがよいだろう。

●専門家プロフィール:都外川 八恵
カラーの講師やスクール運営をはじめ、色の調査や企画、提案、書籍執筆、教材開発など、色に関するさまざまな業務を経験し独立。個人様向けファッションスタイリングは、各種メディアにもとりあげられている。

教えて!goo スタッフ(Oshiete Staff)


外部リンク(教えて!gooウォッチ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス