新年度、つい気合を入れすぎてミスしちゃったことって?




春が来ると、心機一転したくなりますよね。でも張り切りすぎてしまったが故に、空回りしてしまうことも……。
そこで今回は「新年度に気合を入れすぎてミスしちゃったこと」について、ご紹介します。

1. 断捨離のしすぎ



・「何を思ったのか、壊れてもいないテレビやベッドを一斉に処分してしまったことがある。もちろん不便すぎて、再度購入しました」(30代/販売)

・「昔の自分とお別れしたくて、大学生になる前に友人との写真やプリクラを全部捨ててしまった。いまになって何であんなことしたんだろうと後悔しています」(30代/一般事務)

▽ 春になるとかわいいインテリアが店頭に並びますよね。「私もおしゃれな家にしたい!」と部屋の模様替えを決行する人も多いのでは? でも必要なものまで断捨離してしまうと、生活が不便になってしまいます。
「やっぱり捨てなきゃよかった……」と思っても時すでに遅し。部屋をきれいにするのは良いことですが、勢いでやらないようにしましょうね。

2. イメチェン



・「やっと校則から解放されて、髪の毛を染めることに! でも何を思ったのか、ブリーチでド金髪にしてしまった。もちろんメイクのやり方もよくわからないので、眉毛は黒のまま……。春デビュー感が満載で、自分でも恥ずかしかったです」(20代/アパレル)

▽ 春になるとやりたくなるのがイメチェン! ですが何が正解なのかわからず、気が付いたら変な仕上がりになってしまうことも……。またメイクもいきなり濃くしてしまうと、ムラが目立ち、周りから驚かれてしまうかもしれません。
ヘアスタイルは美容師さんと相談したり、雑誌やネットを見て、自分に合ったイメチェンをしてみましょう。

3. キャラ変



・「新しく入ってくる後輩になめられたくないと思い、仕事ができる厳しめのキャラにチェンジ。でもそしたら、ほかの人からも怖がられるようになってしまった……」(20代/営業事務)

・「大学デビューを決意し、声もワントーン高めのぶりっ子キャラに。そしたらまさかの中学の同級生が、同じ学部だということが判明。『お前、昔は男子より強かったよな?』と言われ、キャラ変は失敗に終わりました」(20代/大学生)

▽ 昔「本当の私、デビュー!」なんてCMがありましたが、見た目と同様いきなり中身まで変えてしまうと、周囲は戸惑ってしまいます。またどんなにキャラを装っても、いずれボロは出るものです。
最悪「ウソをつくなんて最低」「必死すぎてウケる!」なんて誤解されてしまうことも……。自分を良く見せるのは、ほどほどにしておきましょう。

とはいえ新年度だからこそ、なりたかった自分に生まれ変わるチャンスでもあります。このチャンスを無駄にせず、でも無理はしすぎずに、最高のスタートが切れると良いですね。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ