最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

岡田結実、要潤のアドバイスに感謝「近所にいる憧れのお兄ちゃんみたい」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月23日(金)、30日(金)と2週にわたってテレビ朝日系で放送される「春のミステリーナイト『静おばあちゃんにおまかせ』」にて、岡田結実がドラマ初出演で初出演を務める。

同ドラマは、1話完結形式で全2話を放送。ミステリー作家・中山七里氏の同名小説を初映像化し、正義感120%ながらまだまだ半人前の法学生・高遠寺円(こうえんじまどか)と、捜査一課刑事・葛城公彦(かつらぎきみひこ)がバディを組み、元裁判官である円の祖母・静(しずか)の援護を受けながら、事件の謎を解いていく痛快ミステリーとなっている。

そこで、初めてのドラマ出演、さらに初主演となる岡田にインタビューを敢行。ドキドキの撮影の様子や、共演の要潤、草笛光子らとのエピソードなどを聞いた。

■ 円を演じていて、爽快感というか風が吹く感覚がありました

――岡田さん演じる高遠寺円はどんな印象ですか?

周りの人を巻き込んでいく力強さに魅力を感じましたし、その勢いを大事に演じました。自分の夢に向かう気持ちや、困っている人を助けたいという正義感、誰かのために頑張る円はすごいです。損得考えずに頑張る女の子で、自分の芯を曲げない円ですが、その強さもとても魅力的でした。円を演じていて、爽快感というか風が吹く感覚がありました。

――今回は、初めてのドラマ出演で初主演という大役でしたが、撮影はいかがでしたか?

撮影はあっという間で、初主演としてちゃんと務まっているかなという心配やプレッシャーはありましたが、とても楽しい現場でした。この時間がずっと続けばいいのになって思えるくらいですね。撮影現場のいい雰囲気が作品に出ていたらいいな、と思っています。

■ 今は”要さんロス”になっちゃいました

――今回共演されました、要潤さん、草笛光子さんの印象をあらためて教えてください。

要さんは静かな方という印象でしたが、話しかけてくださって、いろんなお話をさせていただきました。要さんがポツリと言った一言で、みんなが笑って周りが温かくなったり、近所にいる憧れのお兄ちゃんみたいな感じでした。芝居中の動き方に迷っていたときも、さりげなくアドバイスをくださったり、見てくれていてすごくうれしかったです。だから、今は”要さんロス”になっちゃいました。毎日会っていたので、すごく寂しいです。

草笛さんは、静かで可憐なのに力強さもあって、チャーミングさもあってかわいくて。かわいいって私が言うのは失礼だと思うんですが、理想の女性像です。もし私のおばあちゃんだったら、すてきだなって思いました。現場では、「何歳なの?」とか「学校、大変でしょ? ちゃんと勉強してるの?」って話しかけてくれて、”岡田結実”に興味を持ってくださったのがすごくうれしかったです。

――作品にちなみまして、おばあちゃんとの思い出は?

二人で桜を見に行ったり、二人で出かけた思い出がたくさんあります。おばあちゃんと一緒の時間は全部が大切で1番は選べません。おばあちゃんがお母さんにあげたアクセサリーももらいました。実は、まだおばあちゃんには、私がドラマに出ることを言っていません。今日も私が出ていた番組の写真をメールで送ってくれたりしましたし、雑誌もチェックしてくれていて。だから、放送が近くなったら言うつもりです。おばあちゃんは演技にも厳しくて、ダメ出しをしたりするので、ちょっとドキドキします。

――では、岡田さんが「◯◯ならおまかせ!」ということは何かありますか?

あんまり笑わない人でも、笑顔にすること…ですかね?(笑) 実は人見知りなんですが、人と仲良くなるのは得意なほうだと思っていますし、任せて!って言えるようになりたいです。心がけていることは、しっかりと目を見てあいさつをすること。そして、人の視界に入っていくようにしていて、視界に入っているときは笑顔でいるようにしています。要さんの視界にもちょこちょこ入りに行きましたよ(笑)。

■ いろんな人を巻き込みながら事件解決のために頑張る円を見て

――今後、女優としてのお仕事も増えていくと思いますが、憧れの女優さんはいますか?

昔からすてきだなって思うのは満島ひかりさん。最近は、杉咲花さんや二階堂ふみさんも「カッコいい!」って思います。みなさんの演じているところを見ると、もはやその役のために生まれてきたんじゃないかって思うくらい、そこに存在しているのがとても自然で、見ていて鳥肌が立つくらい。とても憧れています。

――4月からは高校3年生となりますが、どんな1年にしたいですか?

周りの大人から言われた『新しいことに常に挑戦しないとダメだよ』という意味が良く分からなかったけど、最近その大事さに気付きました。高校生活もあと1年ですし、残り少ない制服生活も楽しみます。そして、楽しみながらいろんな新しいことに挑戦していきたいです!

――最後に、読者にメッセージをお願いします。

いろんな人を巻き込みながら事件解決のために頑張る円を見ていただきたいです。心にグっとくる部分もありますし、「正義」について考えさせられることもあると思います。ドラマを見ながら、自分の考える正義感とも照らし合わせながら、ぜひドラマを楽しんでください!

■ 第1話(3月23日[金放送])あらすじ

高遠寺円(岡田結実)は、東京は世田谷区成城の厳かな洋館に祖母の静(草笛光子)と二人で暮らす法学部生。元裁判官の静とは毎朝、その日のニュースで熱い議論を交わすことが日課となっている。この日のテーマは「正義」。まだまだ修行中の身の円は静に余裕でやり込められるが、大学の退屈な講義より静の“白熱教室”はずっと有意義。それよりもさらに円が求めているのは実地訓練だったが、そのチャンスがやって来る!

横浜埠頭で殺人事件が発生。被害者の久世達也、容疑者の椿山道雄(五代高之)はともに神奈川県警の警察官で、二人は組織犯罪対策課内で敵対する関係だった。円は以前、大学構内で発生した連続窃盗事件の真犯人を突き止め、危うく誤認逮捕から救った警視庁捜査一課刑事の葛城公彦(要潤)から、この事件の情報を入手。葛城にとって元上司の椿山は、「正義感にあふれる人」だったという。

逮捕後も一貫して無実を主張する椿山の力になりたいと考える葛城に、円は「正義って何ですか?」と問いかけてみる。その返事に心を動かされた円は、葛城が感じた椿山の「正義」を信じると決意。戸惑う葛城の手を取り、無実を証明しようと捜査の現場へと飛び出していく…!

■ 第2話(3月30日[金放送])あらすじ

法学部の2年生・高遠寺円(岡田結実)のもとに、警視庁捜査一課刑事の葛城公彦(要潤)から「折り入って相談したいことがある」というメールが届く。ひとり暮らしの高齢女性・朝倉喜美代(茅島成美)が自宅で死体となって見つかったのだが、第一発見者である孫娘・美緒(大後寿々花)が号泣しっぱなしで事情聴取ができず、同世代の円なら彼女から話を引き出せるのではないかと考えたのだ。両親が事故死した後、祖母の養女となったという美緒はまったく同じ境遇の円に対して心を開き、少しずつ状況を語り始める…。

調べを進めるうち、喜美代には5億円もの資産があることが判明。さらに事件当日、喜美代は大好きなド派手ファッションに身を包んで代官山に繰り出しており、そのファッションゆえ多数の人物が彼女の姿を記憶していたことも明らかになった。さらに、喜美代の長男・健郎(高杉亘)や長女の洋絵(鳥居みゆき)が、被害者である母を恨んでいたことがわかり…!?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/140289/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス