他の子をいじめた息子に父親が“罰” 批判の声も「これが親としての躾」と反論(米)

我が子がいじめに加担していることを知った時、親ならばどのような対応をするのが妥当といえるのだろうか。このほど米バージニア州で、息子がいじめ加害者と知った父がある方法で罰を与えたのだが、世間からは賛否両論の声があがった。『The Sun』『FOX59』など複数メディアが伝えている。

バージニア州に住むブライアン・トーンヒルさんは、10歳の息子ヘイデン君がスクールバス内で他の子をいじめていたことを知った。学校の教師によると、ヘイデン君はクラスメートの1人に失礼な行為を働いたようで、スクールバスの使用を3日間禁止されてしまったという。

そこでブライアンさんは、罰としてヘイデン君に学校まで1マイル(約1.6km)ほどの距離をジョギングして通わせることに決めた。雨の中でリュックを背中に背負い、上着のフードを被って走っている息子の姿をブライアンさんは後ろから車で追いかけ、動画に収めた。そしてFacebookに投稿し、「みなさん、息子はスクールバス内で他の子をいじめ、バスの使用を3日間禁止されました。私はいじめをする息子を大目に見ることはしません。これが父としての息子の躾です。雨が降ろうが関係ありません。息子は今週、学校まで走って通います。昔のようなやり方ですが、この方法は子供を罰するには一番健康的なのです」と綴った。

ブライアンさんの罰によりヘイデン君は学校での態度が改善されたようで、問題を起こすことはなく教師も喜んだようだ。しかしこの動画が拡散すると、世間からは賛否両論の声があがった。

「こういうふうに子供を躾ける父親っていいね。ダメなことをダメだとしっかり教えて正しい方法で罰するというのはいいと思う。」

「親としての正しい子育てをしていることを世間に教えてくれてありがとう。」

「29年間教師をしているが、子供たちの親がみんなあなたみたいな人であればと思ったよ。」

「いい運動になるじゃないの。こうした罰はいいと思う。」

「この罰に反論はないけれど、なぜ動画で公開するのか。」

「公に自分の子供を辱めるなんて。あなたこそ子供をいじめているじゃないの。偽善者よ。」

「息子のいじめの態度はあなたから来ているのではないのか?」

「強要や侮辱はいい躾とはいえない。子育ての方針を変えるべきだ。」

2児の父親であり我が子をこよなく愛するブライアンさんは、動画を見て批判した人たちに対して、このように持論を語った。

「多くの人が、自分の子供を罰したり否定的なことを言ったりすることを恐れていると思う。でも私のように、こんな躾をする親がいてもいいのではないかということを世間に知ってもらいたかった。こういう罰は子供を強くさせると思っています。親は単に子供と友達になるのではなく、親として子供に教えることが大切。それが最近の子供たちにも必要とされることだと思っています。」

Facebookアカウント『WarriorCode』に投稿されたブライアンさんの動画は、62万件のシェアと3,100万回超の閲覧数を記録している。

画像は『Metro 2018年3月12日付「Father defends forcing son to run to school for bullying while he drove alongside」(Bryan Thornhill)』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

あなたにおすすめ