若槻千夏、6歳娘に“おバカ”バレる

タレントの若槻千夏(33歳)が、3月13日に放送されたバラエティ番組「踊る!さんま御殿!! 豪華アスリート大集合もうすぐ春ですね祭!」(日本テレビ系)に出演。今年6歳になる娘に、自分の料理の下手さやおバカぶりがバレてきたと語った。

若槻の家では、夜は仕事がない人が料理を作るというルールだが、若槻は茹で具合がわからずシラスを大きめの金魚くらいにしてしまうほど料理が下手。夫の料理のほうが美味しいため、娘も幼稚園から帰ってくると「今日はパパとママどっち? ごはん」と毎回聞くようになり、「ママだよ」というと、「じゃあ外にサクっと食べ行こうか」とませた言葉遣いをするようになってきたという。

さらに看板の漢字が読めなかったり、ABCの歌を歌いきれずごまかしていたのだが、娘は最近厳しく「私、ママみたいになりたくない。ママは聞いたこと何も答えられない。私はちゃんと答えれる人になりたい」と言われるまでに。

そしてある日、家に帰る途中で「ママってさ、バカなんでしょ? って言われて、何でそんなことを…また幼稚園の子どもたちがママ友とかに『あの子のお母さん、バカでやってんだよ』みたいなことを告げ口したのかなと思って、『なんでそんなこと思ったの?』って言ったら、『普通に思った』って言われたんです」と語り、いつか若槻の頭脳を超えてしまう日が来るのが不安とコメントした。

Twitterなどのネットでは「若槻、子どものほうが賢いのか」「若槻千夏出てる、くっそかわええ」「若槻千夏の娘の考え正しいですね。反面教師で」「子どもに馬鹿にされるって結構きついよねえ…」といった反応が寄せられている。

あなたにおすすめ