最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

もしかして私ってキープにされてる?二股男を見分ける5つのポイントとは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼と付き合い始めて、ふと
「あれ?彼って他にも付き合ってる人がいる?」「私ってもしかしてキープにされてない?」
そんな不安にかられることってありませんか?

もちろん彼にも都合があるし、いちいち疑っていたら関係にヒビが入ってしまうでしょう。
でも明らかに何かおかしい・・・本命の彼女にこんなことする・・・?

そんな不安を解決するために、さりげなく彼の二股をチェックするポイントを5つご紹介しましょう。

二股男

■ デートの誘いがいつも急

彼とデートするときの予定は、いつも事前に決まっていますか?
もしかして彼が忙しいという理由で、いつも当日になって「今日、これから会えないかな?」なんて誘われていませんか?

確かに本当に彼が忙しくて、デートの予定が急に決まることもあるでしょう。
でも毎回そんな感じなら、彼には「自分の予定が空いているのに、本命の彼女の都合が悪くて会えなくなった」など、別の理由があるのかもしれません。

LINEの返信にムラがある

男性は案外面倒くさがりやで、LINEの返信などに手を煩わせられたくない!という人も多くいます。
それでも大切な彼女からのLINEには、なるべく早く返信したいと思うものです。

「いやー、彼女からのLINEにも、返事がついつい遅くなっちゃって」という男性も中にはいますが、彼からの返信があったりなかったり、とムラがあまりにも激しい場合には注意が必要です。
彼は本命の彼女からの連絡が来ない時に、いわば暇つぶし感覚であなたへの返信をしているのかも知れません。

■ 会えそうなスケジュールを匂わせて「人と会う約束があるから会えない」

他県に住んでいる彼氏が、仕事の関係であなたの住む地域の近くまで来ることになったと連絡がありました。
「じゃ、会えるかも!?」と喜ぶあなたに、「でも仕事や人と会う約束などが詰まっているから、君とは会えない」と答える彼。

こんなケースも要注意です。
彼が仕事の関係で近くまで来るのは本当でも、既に本命の彼女と会う予定が詰まっているのかもしれません。

にもかかわらずあなたに「近くまで行く」ということをわざわざ知らせるのは、「本命の彼女と急に会えなくなったときは、代わりにデートよろしくね♪」という意図があるのかもしれません。

■ 一緒にいる時に友達と会うのを避けようとする

彼はあなたとのデート中、偶然友達と会うのを避けようとしていませんか?
または「SNSなどで、自分の友達と繋がらないで!」とあなたに言ったことはありませんか?

これが当てはまる場合、彼はあなた以外の女性を「彼女」と友達に公表しているのかもしれません。
単に「照れくさいから」「友達に彼女(あなた)を狙われるのが不安だから」という理由なら、あなたにそれを正直に言ってくれるでしょう。

■ 結婚の話に異常に拒否反応を示す

付き合い始めて少し長くなってきたら、「ずっと一緒にいたいね」「結婚したいね」という話が出ることもあるでしょう。

近年は「草食系男子」が増え、いきなり結婚の話をする彼女は「重い」と思われることもあると言います。
しかし彼がその話題に対して異常なほどの拒否反応を示すようなら、もしかしたらあなたは「本命の彼女」とは思われていないのかもしれません。

筆者の以前交際していた男性は、結婚の話をすると「結婚は考えられない!」とものすごい拒否反応を示していました。
「まだこの話題は早すぎた」と反省し、しばらく結婚の話はしないでいるうちに、彼から「自分は君を幸せにはできないから」という理由で別れを切り出されました。

すんなり納得はいかないまでも現実を受け入れた数年後、彼が別の女性と結婚して子供が生まれたことをSNSで知りました。
しかも時期的には、交際期間が被っていてもまったく不思議はありませんでした。

こういったこともあるのです。



いかがでしたか?
あなたの彼氏には、当てはまるポイントはありませんでしたか?

二股をかけていてあなたがキープ扱いだとしても、それをあなたに正直に言ってくれる彼氏はなかなかいません。
もし彼の行動が全てのポイントに当てはまっていたら、自分はそれでも彼と一緒にいたいのか、それとも別々の道を歩んだ方がいいのか、一度立ち止まって考えてみた方が良いかもしれません。

是非参考にしてみて下さいね。(Nona/ライター)

(愛カツ編集部)

外部リンク(愛カツ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ラブ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス