最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

O・J・シンプソンの“告白”に全米騒然 「あんな風に殺されたなら、血まみれになって当然」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
元プロフットボール選手や俳優としても活躍したO・J・シンプソン(70)の元妻ニコール・ブラウンさんと彼女の友人ロナルド・ゴールドマンさんが遺体となって見つかった、通称「O・J・シンプソン事件」。1994年に起きたこの事件の被疑者・被告となったシンプソンは2006年にインタビューに応じていたが、このほど『O.J. Simpson: The Lost Confession?』と題して放映された。その内容に多くのアメリカ人が大きな衝撃を受けている。

「仮定だが…。」

そんな言葉を繰り返し、元妻とその友人が惨殺された日のことを2006年に語っていたO・J・シンプソン。その未公開シーンがこのほど公開され、再びアメリカ中に戦慄が走っている。後悔の念など微塵もなく笑顔まで見せ、あくまで「仮定」としてシンプソンはためらいもなく“告白”したのだ。

まずは「友人に『元妻の家で何が起きているか知ったら驚くぜ』と言われた」と語ったシンプソン。「何が起きているにせよ止めねば」と思い彼女の家周辺に行ったというが、具体的に「何を友人から聞いたのか」については話していない。

その後「あくまで仮定だが」としながらも、シンプソンは「帽子、手袋、そしてナイフを持ってニコール邸へ行った」と発言。するとそこにロナルド・ゴールドマンさんが車で現れたといい、「ニコールの母がレストランに忘れていったサングラスを届けに来たと知った」と明かした。

そのロナルドさんに対して、ニコールさんとデートしたと考えて嫉妬したのだろう、シンプソンは彼を怒鳴りつけたという。すると驚いたニコールさんが出てきて事態は悪化、「とっとと出て行って」と要求したニコールさんは何があったのか転倒し負傷したという。

「すると、相手の男が空手みたいなことを始めやがった。そして『俺のケツを蹴ることができると思ってんのか?』って言ってから、俺はナイフを手に取った。後のことは正直言って覚えていないね。」

途中、「あくまで仮定」であるはずにもかかわらず細かく話している自分に気づき、シンプソンが爆笑する一幕も見られた。

また大出血した犠牲者の状態については、こう述べている。

「2人があんな風に殺害されたんだ。そりゃ、周囲にいる誰もが血まみれになるさ。」

その際に「どんな気分でしたか?」と質問された彼は、「さあね。何が起きちまったんだって感じかな」と答えている。実際には何があったのかなどは不明だが、複数の米メディアは「シンプソンが殺人を告白していた」と大々的に報じた。

画像は『FOX 2018年3月10日付Instagram「#DidOJConfess? You be the judge — Sunday at 8/7c.」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

外部リンク(テックインサイト)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

海外最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス