【戦国】ファミマ、客が自分で作る「ファミバーガー」の実験販売を発表! 全バーガーチェーンに宣戦布告する



マクドナルドやロッテリアのような安い全国チェーンから、パティにもバンズにもこだわった高級バーガーまで、ひとえにバーガーと言っても様々だ。その市場規模は約3000億円と、ドーナツの2倍以上あるという。そんなバーガー市場に、あのコンビニが殴り込みをかけた!

本日2018年3月13日、コンビニ大手のファミリーマートが、客が自分で作る出来立てバーガー「ファミバーガー」の実験販売を発表したのである。具材には、ファミチキなどレジカウンターに置いてあるファーストフードを利用するという。あのファミチキが、ついにバーガーデビューか!

・ファミマがバーガー?
今や何だって売っているコンビニ。しかし、バーガーのイメージはそこまで強くない。今回ファミマが発表した「ファミバーガー」は、人気のフライヤー商品を温めたバンズにはさみ、専用ソースで食べるというありそうでなかった新バーガーだ。

・客が作る?
気になるラインナップは、ファミチキバーガー(税込260円)、ファミコロバーガー(税込160円)、フィッシュフライバーガー(税込230円)の全部で3種類。その最大の特徴は、客が自分で作ると言う点にある。注文からの流れを簡単に説明しよう。

1. レジにて注文
2. 店員がパンをレンジで温める
3. パン、具材、ソースをそれぞれ受け取る
4. 自分でパンに具材をはさみ、ソースをかけて完成

ソースがどんな味なのかは不明だが、ファミマによると、バーガー用に新たに開発するそうだぞ。2018年5月から関東地方の約50店で実験販売が開始され、もしかすると商品名や価格は変更になる可能性もあるとのこと。これらの件に関しては続報を待とう。

・戦国時代へ
「ファミバーガー」について、ファミマは出来立てのおいしさをバーガー店よりも安価で提供すると意気込んでいる。これは、全バーガーチェーンへの宣戦布告と考えていいだろう。コンビニ業界をも巻き込んだ仁義なきバーガー戦争が今、始まろうとしている。

個人的な感想として、単体ですでに完成されているファミチキを、わざわざバーガーにする必要があるのか? という気もしなくもない。だが、いつの日か「ファミチキください!」が、「ファミバーガーください!」に変わる日が来るのだろうか。とにかく、早く現物を食べてみたいぞ!

参照元:ファミリーマート
執筆:あひるねこ

画像をもっと見る
Related Stories

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ