ギャル曽根、大食いチャレンジ失敗 周囲を驚かせた、その後の行動とは?

grape

2018/3/13 18:52

数々のデカ盛りグルメを制覇してきた、大食いタレントのギャル曽根さん。

しかし、2018年3月12日放送のバラエティ番組『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の企画で挑戦した大食いチャレンジでは、珍しく失敗してしまう事態に。

「あのギャル曽根さんが…」と動揺が広がる中、それ以上に、視聴者やほかの出演者たちを驚かせたのは、チャレンジ失敗後のギャル曽根さんの行動でした。

悔しさをあらわにしたギャル曽根さん

番組内でギャル曽根さんが挑戦したのは、八重洲地下街に店を構える焼き鳥『幸の鳥』のデカ盛りグルメ。

チャレンジ内容は、1kg近い白米と唐揚げやアジフライなど、約10人前にもなる『超巨大舟盛りから揚げ御膳』を40分以内に完食するというものでした。

しかし、揚げ物の油に胸焼けを覚えたギャル曽根さんは、開始20分後にペースダウン。その後も懸命に食べ進めたものの、400gを残して制限時間を迎えてしまいます。

「時間が、全然足りなかった。いや~悔しいなぁ…」
有吉ゼミ ーより引用そういって悔しさをにじませるギャル曽根さんに、「珍しい」「こんなことって、あるの?」とザワつく周囲。

しかし、その後のギャル曽根さんの発言は、さらに驚くものでした。

「これ(残り)食べて帰るんで」
有吉ゼミ ーより引用出されたものは残さず美味しく食べることを主義にしている、ギャル曽根さん。チャレンジが失敗に終わろうとも、その信念は揺るぎませんでした。

制限時間を7分オーバーして見事完食したギャル曽根さんの姿に、放送終了後、視聴者からは驚きと称賛の声が寄せられています。

・もうこれはチャレンジ成功でもいいのでは。

・ギャル曽根さんの姿勢は、本当に立派!素晴らしい!

・食べ物を粗末にしないギャル曽根さんが、大食いタレントの中では1番好き。

おいしそうに食べる姿が視聴者に人気のギャル曽根さん。それ以上に、料理そのものはもちろん、調理してくれた人など、食に対して敬意を払う姿も好印象ですよね。

大食いタレントの中でも、特に活躍が目立つギャル曽根さんの人気の秘訣は、そうした人柄にもあるのでしょう。


[文・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ