最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

洗濯物を畳まない! ズボラ家事のススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

掃除に炊事、洗濯など、ひと口に家事と言っても、その種類はさまざま。正直、どの家事も出来ることならやりたくないし、可能な限り手間をなくしたい。それがママたちのホンネではないでしょうか?筆者はあまり家事が得意ではなく、わりと適当に済ませる派なのですが、なかでも「洗濯」は“個人的に面倒だと思う家事”の上位に…。というのも、洗う作業は洗濯機がやってくれるからいいのですが、「干す」「入れる」「畳む」という作業がどうしても好きになれないのです。つい最近までは、イヤイヤながらもやっていたのですが、ネットで「洗濯 畳む 面倒」と何気なく検索してみると意外と同じように感じている方は多いようで、「洗濯物を畳まない」家事を実践しているという意見がチラホラ。そこで今回は、ネット上で発見した“ズボラ家事”の方法を紹介します。
洗濯物を畳まない! ズボラ家事のススメ

1●「○○用」と決める


単なるわがままなのですが、洗濯物を畳むのが面倒と言いつつ、その辺に積み重なっているのは、あまりいい気分がしないもの。そんな時は、仕舞う場所さえ決めておけばOKのズボラ家事がおすすめです。たとえば3段の収納ボックスがある場合、1番上は「下着」、真ん中は「シャツ」、1番下は「パジャマ」など、どこに何を収納するかだけを決めておき、畳まずにボックスの中に仕舞うという方法。適当に積み重なっているわけではないから、いざ使う時にも特に時間をかけずに目的の物を見つけることができ、畳んではいませんがきちんとボックスに入れているので、来客があっても隠すことが出来ますよ。また、ジャンルごとに分けるのではなく、「夫のカゴ」「長男のカゴ」「長女のカゴ」など、それぞれの洗濯物を入れておくカゴを設置し、自分の物は自分で畳むことを習慣づけているママも。子どものお手伝い精神も養われ、家事はママがやって当たり前という考えもなくなるので、教育の一環としてもよさそうです。

2●ハンガーから外さない


続いて紹介するのは、「ハンガー」を活用した方法。多くの家庭では、洗い終わった洗濯物をハンガーに吊るして干し、乾いたらハンガーから外して畳むという流れが出来ていると思いますが、「ハンガーから外す」という作業をなくすだけで、とっても楽になるのです。この場合、洗濯物を収納する時は、ボックス収納ではなく、クローゼットなどがおすすめ。干す時にハンガーにかける作業は生じますが、物干し竿からそのままクローゼットに直行できるので、時短になること間違いなしです!ただし、ハンガーにかけられない物には使えない作戦なので、ハンガーにかけられる物はそのままクローゼットへ、靴下や下着などのハンガーにかけられない物は畳まずに「○○用」ボックスへといったように、2つの作戦を併用するといいかも。ほかに、早く畳めるやり方を模索する、洗濯物を入れて畳んだらすぐに仕舞えるなど収納場所を変更するといった方法も。“ズボラ家事”と言うと言葉は悪いかもしれませんが、家事の手間をなくし、早く終わるように工夫するのは体力的にも、効率面でも有効なこと。悩んでいるママは、ぜひ参考にしてみて!(文・三軒茶屋すみ子/考務店)

外部リンク(ママテナ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

ガールズコラム最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス