【イタすぎるセレブ達・番外編】ホイットニー・ヒューストンの娘が愛した男、またDVで逮捕 ボビー・ブラウンが怒り露わに

2015年のこと、故ホイットニー・ヒューストンが元夫ボビー・ブラウンともうけた娘ボビ・クリスティーナ・ブラウンが22歳の若さで亡くなった。そんなボビ・クリスティーナと生前、頻繁に衝突を繰り返していたという“最後の恋人”ニック・ゴードンについては「DVがあった」とする噂も根強く、ボビ・クリスティーナの父ボビーは今もニックに対する激しい怒りに震えている。

「俺の人生で何より辛かったのは、自分の娘に“もう自分を解き放ちなさい”と伝えることだった。」

「俺のベイビーが、死んでしまったんだ…。」

機械によって生かされているだけの状態になり、病院に搬送された当初より「回復の見込みはない」と囁かれていたボビ・クリスティーナ・ブラウン。しかし機械のおかげで肌のぬくもりを失わぬ娘の生命力を信じたボビー・ブラウンは、「医療費が莫大に膨らんでしまった」「葬儀の話し合いに入ろう」という親族の言葉を無視。「絶対に死なせない」として“治療”の続行を決意し、娘の回復を信じて待ち続けた。その後息を引き取った娘のことを、ボビーは号泣しながらテレビ番組で語っていた。時には衝突もしたが深く愛した娘の亡骸は、元妻ホイットニー・ヒューストンの隣に埋葬したという。

そのボビー、そして世間やメディアに死との関与を疑われてきた“ボビ・クリスティーナの最後の恋人”ニック・ゴードンは、2017年にも女性に激昂。この女性は警察に「スポーツバーで“俺の友達と親密になろうとしている”と誤解され、帰宅後に激しい口論になった」と話しており、ニックは殴る、叩くといった暴行で阻止したという執拗さも報じられ、女性の周辺からは「酷い殴り方をしたらしい」といった証言も浮上していた。

一方でニックは「殴っていない」「彼女が襲ってきた」と主張、逆に女性を訴えたいとも話していたが、そんな彼がまたしてもDVで逮捕された。ニックは警察に対し「向こうからボトルを投げつけてきた」「俺のシャツを破った」などと女性側の非を主張。しかし女性側は「バーから家まで車で送る際に顔の片側を複数回殴られた」「故意に衝突事故を起こそうとした」などと語り、ニックの異常な行為があったと強調している。これによりニックは逮捕されたが、女性側からはまだ告訴に至っていないもようだ。

この件について知ったボビーは激怒し、「娘と同じ運命を誰にも辿ってほしくはない」として「自分にできることがあれば何でもしよう」と語っているという。

「ウチの娘もDVで死んだようなものだ。他の家族がDVで崩壊するなんて、もう見たくない。娘のような苦しみを誰にも経験してほしくないんだ。」

ニックがボビ・クリスティーナを殴っていたという噂は何度も浮上していたが、またしてもニックがDV容疑で逮捕されたことで、その信ぴょう性は高くなったと言える。

(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)

あなたにおすすめ