やばい、なんでこんなに眠いんだろ。

TABILABO

2018/3/13 15:00





春眠暁を覚えず、処処啼鳥を聞く、

夜来風雨の音、花落つること知る多少



(春の夜は気候もよく心地よいので、
夜明けにも気づかず、もう鳥のさえずりがきこえる。
昨晩は嵐の吹く音がしたから、花がたくさん散ったことだろう)


「春暁」孟浩然


“春暁” がつづられてから何百年も経った2018年、
春に生きるわたしたちは、あいも変わらず「眠い」です。











目がさめるとすっかり朝になっていて、
真夜中のつよい風もやんで、窓のそとを見ると、
モクレンが散ってしまってる。

昨夜みた夢は思い出せないけれど、
なんとなく、とてもいい春の夢だったことは覚えてる。



Licensed material used with permission by gg

あなたにおすすめ