香川照之が国立科学博物館「昆虫」展のサポーター就任

Walkerplus

2018/3/13 14:00

国立科学博物館で7月13日(金)より開催される特別展「昆虫」。その公式サポーター“昆活マイスター”に俳優の香川照之が就任した。

数々のテレビドラマで活躍する一方、NHK Eテレの「香川照之の昆虫すごいぜ!」では着ぐるみを着こみ“カマキリ先生”に扮するなど、大の昆虫好きとしても知られる香川。就任に際し、「僕が若いころは人々のまわりにも昆虫がたくさんいました。でも環境の変化で、身の回りの昆虫も少なくなってしまいました。昆虫を触ったことがない人も多くなったのではないでしょうか。

この特別展『昆虫』で、みなさんにぜひ昆虫の魅力を知ってほしいと思います。たくさんの昆虫に触れ、その生命力や、ボディの美しさを感じてください。きっと明日からの生活に活かせる何かが見つかるはずです」とコメントしている。

特別展「昆虫」では、日本最大の甲虫「ヤンバルテナガコガネ」の新種の基準となる標本のほか、鮮やかな色や輝きをもつ昆虫、珍しい姿の昆虫、琥珀の中に閉じ込められた太古の昆虫など、日本のみならず世界で収集された数万点に及ぶ標本を一堂に展示。昆虫標本を特殊な撮影技術で3D化しスクリーンに投影したり、全長約2mの巨大模型など、多様な手法での展示も見どころだ。(東京ウォーカー(全国版)・国分洋平)

https://news.walkerplus.com/article/140331/

あなたにおすすめ