【映画ランキング】『映画ドラえもん のび太の宝島』がV2達成

クランクイン!

2018/3/13 11:41

 3月10~11日の全国映画動員ランキングが興行通信社より発表され、『映画ドラえもん のび太の宝島』が、週末土日動員59万9000人、興収7億400万円と、公開2週目も圧倒的な数字でV2を達成した。累計で145万人、興収17億円を突破と、シリーズ最高興収に向けて爆進中だ。

【写真】写真で見る「3月10日~3月11日全国映画動員ランキング」

2位は、吉永小百合の映画出演120本目となる『北の桜守』が初週土日動員18万9000人、興収2億1600万円をあげ、初登場ランクイン。本作を含め『北の零年』と共に“北の三部作”と呼ばれている『北のカナリアたち』との比較で、動員比約115%、興収比120%という好スタートを切った。

3位は公開4週目を迎えた『グレイテスト・ショーマン』、4位は公開2週目の『ブラックパンサー』がそれぞれランクイン。『グレイテスト~』は累計で27億円を突破と、スマッシュヒットを記録している。

5位は初登場の『去年の冬、きみと別れ』が初週土日動員12万3000人、興収1億6500万円をあげランクイン。芥川賞作家・中村文則のサスペンス小説を、映画『脳男』などの瀧本智行監督が映画化。驚くような展開は、公開後、大きな話題となっており、今後も数字を伸ばす可能性は大だ。

その他、初登場組は、8位に小玉ユキの人気コミックを実写映画化した『坂道のアポロン』、10位に『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!』がランクインしている。

3月10日~3月11日全国映画動員ランキングは、以下の通り。

第1位:映画ドラえもん のび太の宝島
第2位:北の桜守
第3位:グレイテスト・ショーマン
第4位:ブラックパンサー
第5位:去年の冬、きみと別れ
第6位:空海―KU‐KAI― 美しき王妃の謎
第7位:シェイプ・オブ・ウォーター
第8位:坂道のアポロン
第9位:文豪ストレイドッグス DEAD APPLE
第10位:劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ!願い!!

あなたにおすすめ