『99.9』元科捜研・沢渡役を白井晃が怪演「このばかものどもが!」

松本潤が主演するTBS系日曜劇場『99.9―刑事専門弁護士― SEASON II』もいよいよ佳境だ。3月11日に放送された第8話では東京地方裁判所所長代行・川上憲一郎(笑福亭鶴瓶)が裁判長を務める法廷で、深山大翔(松本潤)たち斑目法律事務所法務部刑事専門ルーム弁護士チームが敗訴してしまう。

今回のゲストで強烈なキャラクターと言えば、元文部科学大臣・藤堂正彦役の佐野史郎だろう。深山のいとこ、アフロヘアーの坂東健太(池田貴史)が営む小料理屋「いとこんち」では、常連客のシンガーソングライター・加奈子(岸井ゆきの)がかかってきた携帯電話に出て「アナゴが木馬に! 冬彦さんで~!?」と話しながら飛び出す小ネタもあった。

その藤堂正彦の選挙事務所で殺害事件が起き、深山たちが調べるうちに毒物のセトシンが使われたことが分かる。ところがそのセトシンの成分分析で「科学捜査研究所」(科捜研)による結果よりも、元科捜研で個人的に鑑定をしている専門家・沢渡清志郎(白井晃)はさらに細かく分析できるという。

常に着古した白衣を纏う沢渡は、深山らにそれがどういうことかを説明する際「発言する時は挙手してハイと言え」とこだわるように風変りなところがある。

極めつけは裁判での言動だ。やはり白衣で登場して証拠となる分析結果を説明するが、検察から「混乱させるような証言だ」と指摘される。彼は気色ばんで「混乱させようとしてるんじゃない! 科捜研が自分たちの方式にこだわって間違った結論を出そうとしているから言ってるんだ! このばかものどもが!」とまくしたてた。

裁判長から「暴言を慎むよう」注意されてしまうが、その姿に金曜ドラマ『アンナチュラル』の第3話で「有罪率99.9%のプライドを賭けて」裁判に臨む辣腕検事に対する、証人として立ったUDIラボの法医解剖医・中堂系(井浦新)の姿を思い浮かべたのは記者だけではあるまい。

もちろん井浦新演じる中堂系とイメージは異なるが、口が悪くても理論的に揺るがないキャラクターは近いものがある。ゲスト出演にしてその存在感を出す白井晃は流石だ。佐野史郎が「静」ならば白井は「動」の熱演を見せ切った。

最終的に事実を見つけて判決を覆した深山たちだが、次回の最終話ではまたしても川上裁判長と対決することになる。2時間スペシャルとはいえ、底知れない不気味さを持つ川上憲一郎との因縁に決着はつくのだろうか。

画像は『【公式】99.9 SII@TBSテレビ 2018年3月11日付Twitter「放送まで4時間前!今回、変わり者の先生を演じた白井晃さん。」』のスクリーンショット

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

あなたにおすすめ