ボディコンプレックスを解消するためのステップガイド6つ




「もっとスリムな体だったら」、「もっとメリハリのある女性らしい体がよかった」なんて女子の体にまつわるコンプレックスは尽きることがありません。でもそんなコンプレックスばかりでは気持ちもどんどん卑屈になるばかり。
もっと自分らしく生きるためにもそんなボディコンプレックスは解消しましょう!

ボディコンプレックスを解消するには

1. ネガティブな気持ちに囚われないよう、とにかく体を動かす



自分の体にまつわるコンプレックスがじわじわと胸を締めつけてくる前に、何か他のことをして気持ちを紛らわせましょう。せわしなく動いていると、気持ちも悪い方向に沈み込んだりするヒマがありません。
家事をする、ウォーキングに出る、ヨガのポーズをとる、他のことに意識を集中させれば、コンプレックスに心がとらわれることも防げます。

2. ネガティブな気持ちが襲ってきた時、それを無理に封じ込めようとはしない

「太っている」、「魅力的なボディラインじゃない」なんてネガティブな気持ちが襲ってきたら、まず自分がそうした感情になっていることを客観的な姿勢で眺めてみましょう。どんな人だってダークな気分になることはあります。でもその感情に振り回される必要はありません。
「今の私はずいぶん落ち込んでいるのね」とその気持ちを認識したら、あとはその気持ちが薄れていくまでやり過ごせばよいのです。

3. 修正された“パーフェクトボディ”を披露している写真やSNSから遠ざかる

女性美溢れるボディライン、見事に鍛え上げられた筋肉、あまりにも完璧すぎる他人の姿をネットやSNSで見せつけられたら、比較して自信をなくしてしまうのはむしろ当たり前のことです。でもその大半は、何らかの修正がかかっていると思ってよいでしょう。
コンプレックスが沸き起こってしまうくらいなら、そんな写真やSNSとはしばらく距離を置くのが一番です。

4. 自分の好きなボディパーツを3つリストアップしてみる



コンプレックスに悩んでしまうのは自分の嫌いな部分ばかり気にしてしまうから。でも気に入っている部分やパーツだって、きっとあるはず。自分が好きだと思える、自信が持てるボディパーツを3つ挙げてみてください。
そのチャームポイントをもっと活かすことを考えたら、気持ちも前向きになってくることでしょう。

5. 一体何のために、誰のためにコンプレックスを抱えているのか、考えてみる

コンプレックスで心が押しつぶされそうな時、でも一体何のための、誰のためのコンプレックスなのか考えてみたことはありますか? 何のためにも、誰のためにもならないことに気づくはず。いたずらに自分で自分をイジメたっていいことは何もありません。
そう考えてみれば、こんな不毛なこともう止めたほうがいい気分になってきませんか?

6. 非現実的な“パーフェクトボディ”を追いかけるより、今の自分自身を愛する



よーく考えてみて下さい。あなたが理想とする“パーフェクトボディ”は果たして現実的といえるでしょうか。コンプレックスを克服し、自信を持つためには、まず自分に与えられた体を大切に、丁寧にケアすることが一番です。
そもそも大きな病気などもなく、健やかに毎日過ごせること自体、感謝に値するほど。体だけでなく心のケアも含め、自分を愛することから始めてみましょう。

あなたにおすすめ