最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

井ノ原快彦演じる浅輪直樹“待望の後輩刑事”に山田裕貴が決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
テレビ朝日系で4月11日(水)からスタートする「特捜9」(毎週水曜夜9:00-9:54)の新キャストに、若手俳優の山田裕貴が決定したことが分かった。

同作は、テレビ朝日系の人気ドラマシリーズ「警視庁捜査一課9係」がリニューアルした、新たな群像刑事ドラマ。

井ノ原快彦演じる浅輪直樹刑事ら「9係」に所属していたメンバーが、寺尾聰演じる“新班長”宗方朔太郎の下、新部署「特別捜査班」で再結集し、再び難事件に立ち向かう。

山田は、その中で若手刑事・新藤亮を演じる。特捜班に所属する前の直樹と犯人を追跡中に出会う新藤は、のちに特捜班として元“9係”メンバーと共に事件を解決していくこととなる。

9係では一番の若手だった直樹が初めて迎える“後輩刑事”ということで、浅輪が彼をどう扱いながら捜査に向かうのかも注目だ。

新藤役が決定したときの心境を、山田は「あの絶妙なコンビネーションのチームに入り込んだらどうなるんだろうと少し楽しみでもあり、あの素晴らしいキャストの皆様の中で『絶対に埋もれてはダメだ』と『この春、生き残らなきゃ』と強く思いました(笑)」と吐露した。

さらに「今まであまり山田裕貴を知らなかった皆様にも、新藤亮を通して山田裕貴という俳優を記憶に残してもらえるよう一瞬、一瞬を大切に撮影に臨みます」と意気込みを語った。

■ 第1話あらすじ

渋谷中央警察署刑事課主任の浅輪直樹(井ノ原)は、拳銃を手に宝石店を襲撃し逃走した2人組の強盗犯を追っていた。

走る直樹は目の前に突然現れた若い男と接触し倒れてしまうが、男は直樹を羨望のまなざしで見返すと新宿中央署の新藤亮(山田)と自己紹介し、直樹と共に追跡を開始する。

とあるショッピングモールに逃げ込んだ犯人を見つけ、一般客に害が及ばないよう気遣いながら犯人逮捕を試みる直樹を、偶然モールに来ていた一人の男が注意深く見詰めていた。

直後、その男の機転で強盗犯の身柄を確保。直樹が礼を言いに行くと、「守るべきは弱い者。基本だよね」と謎めいた言葉を残して、その男は去っていく。

翌日、警視総監室に向かった直樹は、神田川警視総監(里見浩太朗)から、しがらみに左右されず初動捜査から送検まで一手に行うチームとして「特別捜査班」を立ち上げると聞かされる。

その班長に任命された男・宗方朔太郎(寺尾)の姿を見て驚く直樹。それは前日ショッピングモールでの強盗犯逮捕に一役買った男だった…。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/139922/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス