最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

意外に簡単? アメリカ郊外を初めて運転するときにまず気をつけたい5つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(©ニュースサイトしらべぇ)

自動車大国アメリカでは、車がないと行けない場所も、日本より圧倒的に多い。そんなときにレンタカーがあると非常に助かるが、海外で車を運転するのは勇気がいること。

記者も先日初めてアメリカで運転したのだが、じつは気をつければ道の狭い日本よりも運転自体はしやすかった。

それでも「コレは気をつけないとダメだな…」と感じたことがいくつかあるので、最初に気をつけてほしい5つの点について、簡単に説明したいと思う。

(1)右側通行


コレは常識だが、左側通行の日本とは異なり、アメリカは右側通行。でも、走っている車についていけば日本の運転に慣れている場合、すぐに感覚はつかめると思う。

(2)レンタカーは基本的に左ハンドル


アメリカで借りることができるレンタカーは基本的に左ハンドルなので、ミラーの調整に多少手間どるかもしれない。だが、コレもすぐに慣れることができるはず。

(3)ウインカーとワイパーが逆


こちらも左ハンドルと同様に、ウインカーとワイパーが逆なことにも注意しておきたい。コレは意外に慣れず、把握していても逆に使ってしまう場合が多いので気をつけたい。

(4)ロードサイドの店は幹線道路から一度出ないと入れないことが多い


アメリカの幹線道路は日本で言う高速道路の扱いのため、道沿いにある店は一度幹線道路から降りて側道に入らないと入店できないことが多い。

(5)赤信号は右折の場合曲がれることがある


日本では右左折ともに赤信号の場合曲がることができないが、アメリカは一時停止して左から来る車がなければ曲がっても良い場合がある。ただ、「NO TURN ON RED」の標識がある場合は不可。

■ほかにも気をつけたいことはあるが…


ほかにも「YIELD」(譲れ)の看板があったら前方を走る車に道を譲るなど、さまざまなルールがあるが、まずこの5点を気をつけるといいだろう。

郊外はアメリカの都市部とくらべて交通量も少なく道も広いのでとても走りやすいが、油断から大きな事故に繋がったら最悪。安全運転を心がけ、ドライブを楽しんでほしい。

・合わせて読みたい→原因はうっかり?運転手がサイドブレーキをかけ忘れ離席→事故に驚き

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男

外部リンク(しらべぇ)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス