最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

金爆・鬼龍院翔 驚きの金銭感覚を告白 税金は「すごい額持ってかれる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゴールデンボンバー
10日深夜に放送されたフジテレビ系「深夜喫茶スジガネーゼ」に出演したゴールデンボンバーの鬼龍院翔が自身の金銭感覚を明かした。

氣志團の綾小路翔が、鬼龍院に対し、「この人はさいたまスーパーアリーナとライブハウスでやってた頃と、ほとんど変わらないセットでやってる」「結成当時から変わらない。ほぼ4人でやって来るっていう」と、鬼龍院の“凄さ”について語った。

これに鬼龍院は「ローリス(ローリスク)、ハイリターンで」と話し、「もともと、根がケチなんで」と明かすと、「サービスエリアでアイス買う時に、じゃんけんして買うやつ決めたりするじゃないですか。あれやる意味すらわかんないですもん」「テメェで買えやと思っちゃうから」と、自身の金銭感覚を告白した。

さらに、ギャンブルをする意味がわからないという鬼龍院が「18くらいの時にスロットで、1回友達と千円入れて、それ以来ギャンブル一切やってないです」と明かすと、綾小路が「そんなに稼いでもさ、使わないでいても税金で持ってかれたりするわけじゃない?」と質問した。

この質問に鬼龍院は「すごい額持ってかれるじゃないですか。だから、それでいちいちヘコんでたら生きていけないと思って」と話し、税務署からの徴収額が書かれたハガキも見ないと明かした。

そんな鬼龍院は以前、笑福亭鶴瓶の番組に出演した際、ギャラについて「メンバー4人の4等分です。完全に」と明かし、笑福亭鶴瓶から「それはちゃんと話せなあかんよ」とアドバイスを受けていた。

『記事提供:E-TALENTBANK』

外部リンク(grape)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス