最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

木村拓哉主演「BG」最終回に超VIPクライアント・矢沢永吉が本人役で出演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
3月15日(木)に最終回を迎える「BG~身辺警護人~」(テレビ朝日系)に、矢沢永吉が本人役で出演することが決定。木村拓哉たっての願いで共演が実現した。

同ドラマは、井上由美子が脚本を手掛け、武器持たずに丸腰で警護対象者を徹底的に守る民間ボディーガードたちの熱き戦いの日々を描く。最終回では、凶弾に倒れた身辺警護課課長・村田(上川隆也)をめぐる証拠隠蔽問題や、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が事件の真実を語るのか否か、それに対して警視庁SP・落合(江口洋介)がどう動くのか、果たして章(木村)たちは村田の汚名をそそぐことができるのか、ついに終止符が打たれることになる。

矢沢の出演は、木村たっての願いで実現。最終回にふさわしい超VIPからの警護依頼、章たちがクライアントを守る姿は必見だ。

奇跡ともいえる共演シーンは、早朝の日本武道館で行われ、約600人のエキストラを動員して行われた大規模な撮影に。矢沢の登場は事前にエキストラにも知らされていなかったため、矢沢の登場には大きな歓声が上がった。矢沢を現場で迎えた木村は、まずはガッチリと握手。その後も、楽しそうに談笑する様子も見られ、撮影は和やかに進行していった。

今回、矢沢の出演のきっかけとなったのは、「最終回に出ていただくVIPはどなたに…という話をスタジオ横の控室でしていたとき、僕が『矢沢永吉さんにお願いできないか』と言ったんです」という、木村の一言だという。そして、矢沢が引き受けてくれたことには、「本当に感謝しています。アーティストの方が、ご自身の役そのままでドラマに出演される、って難しいことなのに…」と心からの感謝を明かす。

さらに、「矢沢さんにご出演いただき、撮影場所も日本武道館という最高のシチュエーション。何も知らされずに集まってくださっていたエキストラの方々も、矢沢さんの登場には思わず歓声を上げていたくらいでした。その“説明のいらない説得力”と現場の熱気がきっと画面からも伝わってくると思います」と力強く語り、撮影を振り返った。

最後に、「矢沢さんにご出演いただくシーンは、日ノ出警備保障の身辺警護課は着実に前に進んでいて、『今はこんな仕事をしているんですよ』ということを視聴者のみなさんにお届けする、びっくり箱のようなワンシーンになっているのではないでしょうか…。是非、楽しみにごらんください!」とメッセージを寄せた。最終回へと向けてますます盛り上がりを見せる「BG~身辺警護人~」。矢沢と木村の夢のような共演シーンはどのようなシーンとなっているのか、最終回で確かめよう。

■ 最終話(3月15日[木]放送)あらすじ

発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田五郎(上川隆也)。唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。

「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く島崎章(木村拓哉)ら。しかし決して諦めることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した立原愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ――愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫り…?

その頃、SPの落合義明(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る!

高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして章――。亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/140287/

外部リンク(ザテレビジョン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス