鈴木おさむ、子供を「公立小学校に通わせたい」 その理由に共感が相次ぐ

しらべぇ

2018/3/13 05:30


(画像は鈴木おさむ公式ブログのスクリーンショット)

子供の進路について悩む親は多いだろう。子供にとってよりよい未来となるため、偏差値やブランド、家庭の経済状況などを考慮して学校を決めるものだ。

放送作家・鈴木おさむ(45)が11日、自身のブログを更新。息子である笑福(えふ)くんを「公立小学校」へ進学させる理由を明かし、話題になっている。

■「公立の小学校に通わせたい」


この日、東日本大震災について「あれから7年。あの時は、まだ笑福を授かっていませんでした」と振り返った鈴木。

震災を機に、物事に対する考え方も変わったようで、「息子、笑福を公立の小学校に通わせたいと思っています」とつづった。鈴木の周囲は私立やインターに通わせたいと話しているが、当の鈴木は公立小学校だという。

■「いつもの笑顔」がずっと続くことを願う


その一番の理由は「地震」。公立であれば、歩いてすぐの場所に小学校があることが大きな要因のようで、「電車で通わせる学校だったら…もし、通学の電車の中で、地震が起きたら…1年生、2年生の時にそれが起きたら…」と不安を明かした。

さらに「もう天災は起きてほしくないですが」と前置きをしたうえで、「だけど。いつか自分たちが住んでいる所に、起きることを想定して生きていかないとなと思っています」とつづる。

そして、「当たり前の日常いつもの笑顔ずっと続くことを願います。が。油断はしない。してはいけない。色んな もしも 常に考えて生きます」と語った。

■共感するコメントが相次ぐ


災害への不安を吐露した内容だが、ブログにはたくさんのコメントが寄せられている。「公立もいいですよ」「私も公立派です」と、鈴木の決心を後押しするものから、鈴木と同じく災害に対して強い意識から生活を変えたという声も。

・わたしもです。もしもがあってはいけませんが、我が家は小学校、中学校は歩道がきちんと整備してあり、安全な地域をさがし、学校から徒歩10分くらいの所を探して家を建てました。災害だけではなく、車の事故も多いのでその辺りもいろいろと考えて決めました。いつ何があるかわからない。おさむさんの考え、よくわかります

・わたしは震災で仕事を辞めました。当時、7ヶ月の娘がいて、復職&保育園も決まっていました。ですが、「通勤に1時間半もかけて子どもを預けてまで働く意味があるんだろうか?もっと子どものそばに居たい!」と強く思ったので辞める決断をしました

■大地震に対する意識は…


しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,358名に「近い将来、日本で大地震が発生するか」と意識調査を実施したところ、「思う」と答えたのは21.5%、「どちらかといえば思う」は44.8%で、66.3%もの人が大きな地震が起こると回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ)

自然災害は突然やってくるもの。もしかすると、学校にいるときではなく家にいるときかもしれない。それでも「もしも」のときのためを考慮するのは親としては自然なのかも。

・合わせて読みたい→「アルマーニ標準服報道」で小学生に嫌がらせ被害 「子供がかわいそう」の声

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,358名(有効回答数)

あなたにおすすめ