岡本真夜に激似のワケ 謎の新人ピアニストがTOMORROWと好きなピアノ曲を語る

grape

2018/3/13 04:29

2018年3月7日放送のニッポン放送『土屋礼央 レオなるど』のゲストに、ピアニスト・mayoさんが登場しました。

mayoさんは、なぜかシンガーソングライターの岡本真夜さんとそっくり!番組では岡本真夜さんの名曲『TOMORROW』とmayoさんの楽曲を紹介しました。

岡本真夜さんの『TOMORROW』をradikoで聴いてみる。

土屋:
岡本真夜さんに似てるっていわれません?

mayo:
よく似てるっていわるんです。事務所の大先輩で。

土屋:
声も似てますね。

増山:
お顔もそっくりです。

岡本真夜さん

お分かりだと思いますがmayoさんは岡本真夜さんご本人でした!

番組ではピアニストmayoさんに、お気に入りの『ピアノが印象的な曲』を紹介していただきました。

『Longing Love』 ジョージ・ウィンストン

土屋:
誰もが知ってる曲!僕も弾くんですけれど、ピアノのひっかける感じがいいんですよね!

radikoで聴いてみる。

『灰色の水曜日』のエンディング ARB

mayo:
高校時代の時に完コピしていました。最後のピアノソロを弾くのが大好きだったんです。

radikoで聴いてみる。

『百年の恋』 沢田知可子

mayo:
岡本真夜さんが作曲している沢田知可子さんが歌う『百年の恋』。事務所の先輩が作った曲なので!
曲の伴奏も私がやったのですが、澤田さんも大先輩なのでとても緊張しました。

radikoで聴いてみる。

mayoさんは3月7日に2nd ALBUM『Good Time』をリリース。

軽快なアップテンポソング『Good Time』や今年3月に発売された『麻布ハレー』収録曲『ほうき星』などに加え、岡本真夜さんの楽曲『ANNIVERSARY』 もカバー。究極の癒しを体感してください。

mayoさんのトークを最初からradikoで聴いてみる。

※ 本番組のradikoは2018年3月15日 午前5時までお聴きいただけます。
※ ニッポン放送radikoは関東地方でのみ視聴可能です。そのほかの地域の人はエリアフリーをご契約いただくと視聴が可能です。

[提供/ニッポン放送 土屋礼央 レオなるど ・構成/grape編集部]

あなたにおすすめ