玉森裕太「この役や題材は自分にとっての挑戦」東野圭吾の“本格恋愛小説”で主演

ザテレビジョン

2018/3/13 04:20

Kis-My-Ft2・玉森裕太の主演で、東野圭吾のベストセラー小説「パラレルワールド・ラブストーリー」が映画化されることが分かった。2019年に全国ロードショーとなる。

これまでに手掛けた小説の数は80作品以上、発表する作品が次々とヒットとなる作家・東野。

今回映画化される原作「パラレルワールド・ラブストーリー」は累計発行部数が110万部を突破した、東野作品としては異色の本格恋愛小説。

森義隆監督のメガホンで、愛する彼女は本当に自分の恋人なのか? それとも、親友の恋人なのか? 2つの異なる世界“パラレルワールド”を行き交う男女3人の愛が描かれる。

そんな本作で主人公・敦賀崇史を演じるのは、キスマイ屈指の俳優実績を誇る玉森。2つの世界それぞれを生き、愛する女性への思いと親友との友情の間に揺れながら翻弄(ほんろう)されていく青年という難しい役に挑む。

ヒロイン・津野麻由子を演じるのは、放送中のドラマ「きみが心に棲みついた」(TBS系)に主演するなど、今最も輝きを放つ若手女優の1人・吉岡里帆

一つの世界では崇史の恋人、もう一つの世界では崇史の親友の恋人として存在する、謎に満ちた女性を演じる。

そして崇史の親友・三輪智彦を演じるのは、個性派かつ実力派俳優・染谷将太。崇史と同じ研究所に勤める天才肌の研究者だが、崇史の親友であり“恋敵”というさまざまな表情を持つ役を担う。

誰もが共感し得る愛情と友情の狭間で揺れ動く男女の「三角関係」を題材にしながら、2つの世界が並行して進む中で謎が謎を呼び、行きつく先に驚きの展開が待ち受ける衝撃のラブストーリーだ。

出演が決まり、玉森は「2つの異なる世界が同時進行するというミステリアスな設定と、男女の三角関係を描くリアルな部分の両面を持つ作品なので、僕自身も役の崇史と一緒にドキドキを味わいながら、パラレルワールドって一体何なのか? 体感しながら演じていきたいです」とコメント。

さらに、共演の2人については「吉岡さん、染谷さんはお2人とも作品でご一緒するのは初めてなので少し緊張していますが、森監督からアドバイスいただき、みんなでディスカッションしながら良いものを作り上げていきたいと思っています」と、前向きに語る。

続けて「信じていたものがもろく崩れていくはかなさや、コントロールできない感情みたいなものをどう表現するのか、この役や題材は自分にとっての挑戦です。集中して精いっぱいこの役に向き合いたいと思っています」とアピールした。

一方、ヒロイン役の吉岡は「この特異なラブストーリーを、森監督と紡いでいけるということに喜びを感じると同時に、改めて麻由子を演じる責任も感じています。

玉森さんとは作品でご一緒するのは初めてなのでとても新鮮な気持ちですし、玉森さん演じる主人公敦賀崇史にとって私演じる麻由子の在り方は普通でありながらも難しいです。毎カット毎カット慎重にぶつかっていこうと思っています。

染谷さんは自分の好きな映画には必ず出られている方。共演できるのが心底うれしいです」とコメントを寄せた。

さらに染谷は「脳という宇宙のような壮大な世界の中で起きる唯一無二なラブストーリー。その中で智彦という魅力あふれる役で生きられることに感謝しています。

感情と記憶という切っても切り離せない関係がパラレルして愛が生まれるのか? 失われるのか? 皆さんをこの迷路に巻き込む一筋縄では行かないラブストーリーを楽しみにしていてください、そして目撃してください」と意気込みを語り、ファンに呼び掛けた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/140146/

あなたにおすすめ