愛と死を衝撃的に描いた、ミヒャエル・ハネケ監督の最新作

NeoL

2018/3/11 15:13



『白いリボン』『愛、アムール』で二度にわたって、カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝いたミヒャエル・ハネケ監督の最新作『ハッピーエンド』が公開中。

カレーに住むブルジョワジーのロラン家。3世帯が共に暮らし、同じテーブルを囲んで食事をしても、お互いの思いには無関心。そんな中、とある出来事がきっかけで、祖父のジョルジュは疎遠になっていた孫娘・エヴを屋敷に呼び寄せる。幼い頃に⽗に捨てられ、愛に飢え、死に取り憑かれたエヴもまた醒めた⽬で世界を⾒つめていたが、ジョルジュによる衝撃の告白が、エヴの閉ざした扉をこじ開けていく――。

「なぜ、やった?」「何を」――ふたりを惹きつける大きな秘密とは?

ハッピーエンド監督・脚本:ミヒャエル・ハネケ出演:イザベル・ユペール、ジャン=ルイ・トランティニャン、マチュー・カソヴィッツ、ファンティーヌ・アルドゥアン、フランツ・ロゴフスキ、ローラ・ファーリンデン、トビー・ジョーンズ(2017年/フランス・ドイツ・オーストリア)公開中(C)2017 LES FILMS DU LOSANGE - X FILME CREATIVE POOL Entertainment GmbH - WEGA FILM - ARTE FRANCE CINEMA - FRANCE 3 CINEMA - WESTDEUTSCHER RUNDFUNK - BAYERISCHER RUNDFUNK- ARTE - ORFhttp://longride.jp/happyend/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ