STU48最多・最長ツアーが開幕! 門脇実優菜の生誕祭も

ザテレビジョン

2018/3/13 02:52

STU48にとって最多・最長となる「STU48瀬戸内7県ツアー~陸上公演 2018~」の初日公演が、3月12日に広島のゲバントホールで開催された。

1月31日に発売したデビューシングル「暗闇」のカップリング曲を続けて4曲披露した他、STU48第1期生オーディションのダンス審査の曲「少女たちよ」を披露するなど、2017年開催された瀬戸内7県ツアーとは違うセットリストでパフォーマンス。

また、劇場公演ツアーでの新衣装もお披露目。兵庫は青色、岡山はピンク色、広島は赤色、山口は黄色、徳島は紫色、愛媛はオレンジ色と、オーディションの会場ごとに7色に分かれたギンガムチェックのワンピースを着用した。

MCでは、その色についての話題となり、広島の今村美月は「広島はカープ、大鳥居、三原のタコ、そして汁なし坦々麺の赤色かな?」と想像していた。

さらに、3月11日に15歳の誕生日を迎えた門脇実優菜の生誕祭も行われ、ファンが作成したパンフレットやうちわで、会場はお祝いムードに。公演の最後には、門脇の母親からの手紙を石田千穂が代読し、門脇だけでなく、他メンバーも感動で涙を見せた。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/140288/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ