最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

娼婦役・松坂桃李を買った女性が登場!濡れ場の過酷な撮影を語る!映画「娼年」完成披露舞台挨拶

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「娼年」の完成披露舞台挨拶が行われ、主演を務めた松坂桃李、監督の三浦大輔ら13名が登壇しました。
女性専用の会員制クラブで働くことになった森中領が、“娼夫”としてさまざまな女性と体を重ねていく中で成長するさまを描くこの映画はR18+指定となっています。
松坂さんは映画について「なんかあったら僕のせいでもあるんですけど、半分は三浦さんのせい(笑)。責任を割り勘しようという話はしてます。でも舞台、映画を通してこのメンバーでやってきて怖いものはないですね」と語りました。
車椅子の夫を持つ紀子役の佐々木さんは「楽しくセックスさせていただきました」と語りましたが、夫役の西岡さんによると「ほとんど桃李と心音ちゃんの格闘技見たいなシーンで、いやーこれは大変だなという感じで…。」と撮影の過酷さを語りました。
最後に松坂さんは「僕が今まで携わった作品の中でこれほど入口と出口が違う作品はなかったと思います。何より余韻を楽しめる作品。観終わったあとに、最初は面食らうかもしれませんが、劇場を出るときは軽やかな会話を繰り広げられるかと」と語りました。

映画「娼年」は4月6日全国公開。
(c)石田衣良/集英社 2017映画「娼年」製作委員会

外部リンク(フィールドキャスター)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス