13.3インチのRetina搭載「MacBook」が6月のWWDCで登場するかも

180312_wwdc_13_retina_macbook_rumor
Image: Apple

Airなのか、Bookなのか…。

ここ最近、私たちAppleファンを賑わしている、「低価格なMacBook Air」が夏前に登場するという噂。一方、アジアのサプライヤー筋からDigiTimesが報じるところでは、6月開催のWWDCあたりに13.3インチのRetinaディスプレイを搭載した「エントリーレベルのMacBook」が登場するとの情報が伝わっています。以前より、13インチMacBookの噂はありましたが、今回「2018年前半」と報じられたことで、情報が2つに分かれた形となります。



13インチのMacBookが今年後半デビューか。今後ラインナップはどうなる?
12インチはちょっと小さいです。2015年にデビューした「MacBook」は12インチディスプレイを搭載し、これまでラインナップを更新してきました...

https://www.gizmodo.jp/2018/01/new-13inch-bacbook-later-in-this-year.html

DigiTimesが報じた今回の情報で気をつけたいのは、これが「MacBook」なのか「MacBook Air」なのか触れられていないことです。DigiTimesはよく、このように両製品を「MacBook」と呼ぶことがあります。

なお報道によれば、13.3インチのMacBookの画面解像度は2,560×1,600ドット。LGがディスプレイパネルを4月から供給し、量産は5月末から6月初頭に始まるそうです。そして販売価格は999ドル(約11万円)からと、現在現行モデルのMacBook Air(999ドル、日本価格9万8800円)と同等か少し高めになるとのこと。低価格でディスプレイが美しい、売れ筋モデルになりそうですね。

一方、KGIのアナリストのミンチー・クオ氏や台湾紙の経済日報は廉価版MacBook Airが4月~6月に799ドル~899ドル(約8万5000円~9万5000円)で発売されると伝えています。廉価版MacBook AirにRetinaディスプレイが搭載されるかどうかは微妙なところで、13インチの廉価版MacBook Airと、ある程度廉価な13インチの新型MacBookが同時投入されるのかもしれません。

MacBookは近年、コストパフォーマンスがあまり高くないと指摘されることも増えてきました(現行は14万2800円から)。しかし、ここで価格を11万円程度にぐっと下げれば、今後も人気モデルとして広く受け入れられそうです。

Image: Apple
Source: DigiTimes via MacRumors

(塚本直樹)

あなたにおすすめ