第一印象「かわいーっ」…春、男が見惚れる「素肌の保ちかた」

ananweb

2018/3/12 19:00



美容ライター玉絵ゆきのがお届けする連載第22回目は「春のゆらぎ肌の話」。入社や入学または異動が多くなる新生活を思い、心がドキドキソワソワしてなんだか落ち着かない、この季節。心のストレスに加え、激しい寒暖差や花粉の影響で肌もゆらぎがちになります。今回は、心と肌がザワつく春を乗り越え、環境の変化に影響されず常に健康的な肌でいるためのスキンケアテクニックをご紹介します!

■ 寒暖差が激しい毎日+花粉…3月の肌ってこんな状態!

【tamae beauty】vol. 22

3月に入り、花粉も飛びはじめ、暖かくなったかと思えば急に寒くなったり気温が安定しない毎日。その環境は、肌へも影響します。肌はとても敏感なセンサーを持っているので、気温が下がり乾燥を感じると、自らの力でうるおそうと「皮脂」を分泌します。この皮脂は、外敵刺激から肌を守る役割もあるので、暖かくなるにつれて強くなる紫外線や花粉を感じても自然と分泌されます。

昼間と夜では、気温差が激しい春。肌は、常にバランスを保とうと大忙し。でも、環境の変化に対応しきれず油分(皮脂)と水分のバランスが崩れて肌荒れしやすい状態になっています。肌荒れして、意気消沈。大好きな彼に会うのに肌のせいでどんよりしてしまったら、恋のチャンスを逃しちゃう! そんな残念な状況を、未然に防ぐスキンケアがあります!

■ 環境の変化に負けない肌作りは、毎日「リセット」すること!

人によっては、分泌しすぎた皮脂で肌が炎症を起こしてしまうこともあります。これを放っておくと、深刻な肌トラブルになり肌表面に表れるので、そうなる前に毎日のスキンケアで肌状態を「リセット」しましょう!

■ ゆらぎ肌をレスキューするのは、こんなスキンケア

キールズ ハーバル トナー CL アルコール フリー 250mL 4,000円(税抜)現在発売中。

日々、目に見えないダメージを受けている肌には「鎮静」するスキンケアを。おすすめなのは、南北戦争時代から傷薬として用いられてきた、カレンデュラ(別名マリーゴールド)を原料にしている化粧水「キールズ ハーバル トナー CL アルコール フリー」。カレンデュラ花エキスが、ダメージを受けた肌表面をやさしく癒し、うるおし、整えます。アルコールフリーで、敏感肌テスト済みです。ボトルにはカレンデュラの花びら入っていて、使うたびにボトル内で揺れてとてもキレイです♪

化粧水で肌を鎮静したあとは、保湿クリームでうるおいを。春は毎日このルーティンを守り、常に健康的な肌で新生活を過ごしましょう!



(C)mirelabella/Gettyimages(C)AleksandarNakic/Gettyimages

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ