最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

シューズカスタマイズ「NB1」よりスワロフスキー・クリスタルが装飾された限定仕様の「574」登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「自分だけのオリジナルなニューバランスが欲しい」
ニューバランスを愛してやまない人なら、誰もが一度は願ったことがあるに違いない。

ニューバランス本社があるボストンで2011年からスタートしているシューズカスタマイズサービス「NB1」のアジア初サービス導入国として、2017年8月31日に日本に上陸したことはご存知だろうか?

「NB1」から、スワロフスキー・クリスタルを使用したプレミアムな「574」を3月16日(金)より数量限定で発売される。



ニューバランスブランドを体現するアイコニックモデルのひとつである「574」のシルエットに、スワロフスキー・クリスタルでNロゴ部分を装飾した限定仕様の「574」のシューズは、アッパーやバンプ、タン部分の素材をオールスエード、ヒールタブやタンラベル部分の素材にはパーライズドレザーを施し、Nロゴ部分のクリスタルを引き立てつつ、纏うに値する高級感溢れる仕上がりになっている。

カラーリングはニューバランスブランドそのものとも言える“グレー”を含む12色のカラー、Nロゴ部分のクリスタル仕様は「ガンメタル」か「プラチナム」の2種類から選べ、オリジナルの「574」シューズをデザインできる。

しかも、クリスタルとマッチしたリボンのシューレース、シルバーのレースキーパー、シューズバッグとオリジナルボックスが付いたスペシャルバージョンで、手元に届くという。







■NB1とは

シーズンごとに刷新されるカラー、素材のパレットの中から、部位ごとに好みのものを選択し、踵に施されるメッセージ刺繍を添えてデザインできる。
「NB1」では、シューズのベースの素材と色、メッシュ、バンプ、ヒール、サドル、タン、ステッチ等、約18の部位をカスタマイズすることが可能だ。

選択肢は数多く用意されているので、世界でたった1足のオリジナルのニューバランスを誕生させられる。
デザインされたシューズは、メイン州、マサチューセッツ州のニューイングランド地方にあるニューバランスの5つの工場で製造され、約4~7週間で(※)手元に届く。
(※USA工場の生産の都合により前後する場合がある)





■NB1 モデル US574 with crystals

1988年に発売された「576」をモチーフに90年代後半に誕生した「574」はニューバランスのアイコニックな定番モデル。
価格:¥42,000(税抜)
発売日:3月16 日(金)

■NB1展開店舗

ニューバランス公式オンラインストア http://shop.newbalance.jp/shop/pages/nb1.aspx
ニューバランス札幌
ニューバランス原宿
ニューバランス六本木19:06/
ニューバランス銀座
ニューバランス大阪
ニューバランス京都大丸





▼ニューバランス ジャパン公式サイト
http://shop.newbalance.jp/shop/
▼ ニューバランス ジャパン公式 Facebook ページ
URL: http://www.facebook.com/newbalance.jp
▼ ニューバランス ジャパン公式 Twitter アカウント @newbalance_jp
URL: https://twitter.com/newbalance_jp
▼ ニューバランス ジャパン公式 Instagram
URL: http://instagram.com/new_balance_japan#

■スワロフスキーについて

スワロフスキーは、1895年の創業以来、クリスタルのプレミアムブランドとして、その卓越した技術革新で高く評価されてきたとともに、ファッションやジュエリー、アクセサリー、インテリアデザイン、照明などの分野における世界各国の一流デザイナーやブランドとのパートナーシップでも広く知られている。

細部にまで注がれる情熱と高精度なカットから生まれるクリスタルは、これを使用するあらゆる製品に洗練された魅力と輝きを添える価値ある素材であり、「Crystals from Swarovski」の素材ブランドロゴによって本物であることが証明される。

▼ スワロフスキー公式サイト
https://www.crystals-from-swarovski.com/



(いたる)


外部リンク(IGNITE)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

トレンド最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス