最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

生卵とろ~り!濃厚「生プリン」を知ってる?横浜元町の喫茶室でクラシックデート♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
■元町公園に佇む「エリスマン邸」でクラシックデート!
エリスマン邸 外観


噂の「元祖!生プリン」を求めて訪れたのは、横浜・元町公園内にある横浜山手西洋館「エリスマン邸」。周辺は異国情緒あふれるクラシカルな街並みで、お散歩するのが気持ちいい♡


エリスマン邸 館内


大正15年(1926年)に建てられたこちらの建物は、もともとはスイス生まれの生糸貿易商、フリッツ・エリスマン氏の邸宅だったのだそう。







現在は横浜市認定歴史的建造物に認定されていて、中を自由に見学できるようになっています。「食堂兼居間」や「応接間」など、当時の生活の様子を感じながら、彼と一緒にちょっとしたタイムトリップ気分を楽しめますよ。


エリスマン邸 しょうゆ・きゃふぇ


「元祖!生プリン」をいただけるのが、この「エリスマン邸」の1Fにある喫茶室「しょうゆ・きゃふぇ」。カウンターとテーブルの全20席で、レトロで温かみのある雰囲気も魅力的。


エリスマン邸 しょうゆ・きゃふぇ 内観


窓際の席からは、元町公園の豊かな自然を望むことができます。中には横浜マリンタワーが見える席も!景色を眺めながら、優雅な時間を過ごせそうです♪

カフェを手掛けるのは、ナチュラルフレンチの第一人者・六川 光シェフ。シェフが考案した「元祖!生プリン」や「しょうゆパン」をはじめ、魚や肉料理、パスタなど、旬の素材を使用したランチメニューがそろいます。カフェで使用する野菜や魚は、毎朝、六川シェフが畑や漁港で厳選した質のいいものばかり!

■「元祖!生プリン」の、とろける口どけと濃厚な味わいに感動!
しょうゆ・きゃふぇ 元祖!生プリン


こちらが、注文率ほぼ100%という「元祖!生プリン」(864円)。ムースと卵、キャラメルソースが別々になっていて、一見プリンとは思えない斬新なビジュアルです!

そもそもこのプリンは、相模原市にある養鶏所の「恵寿卵」の味わいに感動した六川シェフの、「この卵のおいしさを伝えたい!」という強い思いから誕生したのだそう。思考錯誤の上、「素材のよさを伝えるには、素材をバラバラにしてしまうのが一番!」という発想から、このスタイルに行き着いたといいます。

また2018年1月に「神奈川県銘菓展菓子コンクール」で最優秀賞を受賞しており、その味わいは県のお墨付きです!


しょうゆ・きゃふぇ 元祖!生プリン


しょうゆ・きゃふぇ 元祖!生プリン


卵は、「こっこちゃん」と呼ばれる鶏型のエッグセパレーター(生卵の黄身と白身を分ける道具)に入った状態で提供されます。

食べる直前にこっこちゃんのお腹を押し、ムースの上に卵黄をポトリ。どちらかがその瞬間をムービーで撮って、後で一緒に見返すのも楽しそう!


しょうゆきゃふぇ 元祖!生プリン


こっこちゃんから産み落とされた卵は、色が濃くツヤツヤ!見た目からも新鮮さが伝わってきます。ちなみに、卵にも旬があり、春や秋の卵は特に濃厚で美味しいのだそう。これからの季節が狙い目ですよ♪


しょうゆ・きゃふぇ 元祖!生プリン


最後に自家製キャラメルソースを注ぎます。キャラメルソースは、味のアクセントになるようにあえてちょっぴり苦めに作られています。量は、自分の好みに合わせてOK!味を見ながら、少しずつ加えていくのが◎。


しょうゆ・きゃふぇ 元祖!生プリン


いよいよ実食!ハリのある卵を割り、ムースとキャラメルソースを絡めていただきます♡よく混ぜてしまうのではなく、形が少し残るぐらいにちょっとずつ崩して食べるのが、素材のよさをより感じられてオススメですよ♪


しょうゆ・きゃふぇ 元祖!生プリン


一口食べると、卵の濃厚さ、ムースの甘み、キャラメルのほろ苦さが、口の中で見事なハーモニーを奏でます。

低温殺菌牛乳で作ったムースは、独自の技術で一切加熱せずにとろみをつけているのだそう。固すぎず、やわらかすぎず、卵とキャラメルが絡みやすいベストなやわらかさに仕上げられています。今までにないなめらかな口当たりにも、きっと感動してしまうはず!

ほかでは味わえない「元祖!生プリン」で、二人で幸せな気分に満たされてくださいね♡

■テイクアウトには、香ばしさともちもち食感がたまらない「しょうゆパン」を
しょうゆ・きゃふぇ しょうゆパン


同店のもう一つの名物が、「しょうゆパン」(1本486円)。

2年間熟成をさせた「甘露しょうゆ」を塗って焼いた、香ばしい一品です。また醤油になる前のもろみを加えて生地を作っているため、モチモチの食感と深い風味を堪能できます。

こちらのもろみは他では取り扱いがないので、このパンを味わえるのは同店だけ。お土産にして、家で二人で食べるのもよさそう!


しょうゆ・きゃふぇ しょうゆパン、真妻のわさび


イートインでは、+432円で「真妻のわさび」をつけていただくのがオススメ!醤油の香ばしさとワサビの爽やかさが絶妙ですよ。

■まとめ
しょうゆ・きゃふぇ 元祖!生プリン


見た目の斬新さだけでなく、繊細な味わい、また雰囲気のいい空間にうっとり♡ここでしか出会えない味を、二人でぜひ体験してみてくださいね♪

しょうゆ・きゃふぇ
住所:横浜市中区元町1-77-4エリスマン邸内
電話番号:045-211-1101(エリスマン邸)
営業時間:10:00~16:30(L.O. 16:00)※7、8月は10:00~16:30(L.O. 16:00)
最寄り駅:元町・中華街

取材・文/石部千晶(六識)

※2018年3月12日現在の情報です。メニューや価格など情報は変更になる場合がございます。


外部リンク(レッツエンジョイ東京)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

グルメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス