煩わしい一言を省略。Amazon Alexaの新モードは毎回「アレクサ」って言わなくてもOK

180312amak00
Amazon

ちょっとのショートカット。でも、恩恵は大きそう。

Amazon EchoやGoogle Homeなど、スマートスピーカーは起動させる(お願いする)ために、ウェイクワードというキーワードが必要です。たとえば、「アレクサ」とか「OK グーグル」とかね。

この言葉によって起動して、その後続く言葉で命令を与える、というスマスピの仕組み上必要な言葉なんですけど、CNETによるとAmazon Alexaアシスタントは新機能「フォローアップモード(Follow-Up Mode)」によって、お願いがつづく場合はこのフレーズを省略できるようになりました。

例えば…

「アレクサ、ライトを消して」「アレクサ、エアコンをつけて」



「アレクサ、ライトを消してエアコンをつけて」

と、2番以降のお願いにはトリガーワードが必要なくなるみたいですね。実際僕の家は、Amazon Echoに幾つかの家電を操作させているので、このモードがあると絶対便利になります。このリクエストを上げた人、機能を採用した人、グッジョブ過ぎ。

ま、当然のように日本版ではまだ非対応なんですけどね。無念!

とは言えこうした利用者の声などから、足りなかった機能や、こうなるともっと便利なのに!が拡充され、やがてスマートホームっていう概念がフツーになっていくんでしょうね。

現代はその黎明期にあると考えると、なんかワクワクしますよね。ねぇ、アレクサ。

Image: Amazon
Source: CNET

(小暮ひさのり)

あなたにおすすめ