最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

小倉優子が「話し合い」で解決してきた修羅場の数々 「桃太郎」論に甘すぎるの批判続出もブレない軸がある

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 3月6日放送の『踊る! さんま御殿!!』(日本テレビ系)に小倉優子(34)が出演。この日番組には“パパママ芸能人”が集い、子どもによく読み聞かせる「桃太郎」が話題になったのだが、この昔ばなしのストーリーについて小倉優子が独特な見解を語った。

小倉優子は「(桃太郎が)鬼ヶ島に行くじゃないですか? 私は鬼退治じゃなくて話し合ってほしいんですよ」と主張。暴力で解決する「桃太郎」のストーリーに疑問を呈し、「(子どもに)どう説明すればいいんだろう」「『鬼退治に行こう』って子どもが思ったらやだな」と悩みを打ち明けている。

すると共演者の藤本敏史(47)は、「その前に(鬼が)悪いことしてるやんか?」と反論。しかし小倉優子は譲らず、「いくら相手が悪いことしたって、自分が同じように悪いことしたら良いかっていったら、やっぱり……ねぇ?」と返した。

長く語り継がれてきた昔話でありながら「桃太郎」は様々な議論を呼ぶ物語だ。2013年度の新聞広告クリエイティブコンテストで最優秀賞を受賞した「めでたし、めでたし?」という新聞広告は、鬼の子供が「ボクのおとうさんは、桃太郎というやつに殺されました」と泣いている作品で、鬼視点から「桃太郎」を見てみることを提案し物議を醸した。桃太郎(勇気ある人間)が正義で、鬼が悪だという価値観を引っくり返す視点の転換は、しかし「それこそが正しい見方だ」と再定義するものではない。あくまでも「別の価値観で考えてみること」を提案するものだった。

さて、今回の『踊る! さんま御殿!!』でのトークもまた、ネット上で議論になった。話し合いで解決できるなんて「甘い」、子供には勧善懲悪を教えておくべき、鬼をなめてはいけない……などなど、彼女の価値観を否定する意見も多く出ていた。また、ゆうこりん時代のような“ぶりっこ”だと受け取った視聴者もいたようだ。

しかし小倉優子は、実際に様々な苦境を「話し合い」で解決してきたのだ。

昨年成立したカリスマ美容師との離婚は、元夫の浮気報道に端を発しているが、裁判に発展して泥沼化することなく「話し合い」で別れを選んだ。彼女はあえて高額の慰謝料請求など揉める要求はせず、離婚騒動を早々に解決したことで結果的にすぐ次のステージ、すなわち芸能活動再開とシングルマザーとして生活を立て直す段階へと移った。その後「ママタレ」として急速に支持率を高めたことは周知の通りだ。

過去には、多くのタレントがキャリアを阻まれてきた芸能事務所とのもめ事も、小倉優子は経験済みだ。彼女はかつて所属していた芸能事務所「アヴィラ」から、契約を一方的に解除したとして1億円の損害賠償を求められていた。この裁判は、2016年に東京地裁が事務所側の請求を棄却して小倉側が勝訴。弁護士の力量によるものも当然大きいだろうが、少なくとも彼女は「干される」ことなく、新所属事務所である「プラチナムプロダクション」で順風満帆な活躍ぶりを見せている。

小倉優子が披露した“桃太郎論”を「甘すぎる」「鬼をなめるな」と批判する声はネットで大きかったが、様々な修羅場を「話し合い」で潜り抜けてきた彼女だからこそ、鬼と人間との和平交渉も話し合いで実現できると考えるのだろう。

(ボンゾ)

外部リンク(wezzy)

関連ニュース

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

芸能ネタ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス