交番の警察官は職務質問や現行犯のノルマがある

ラジオライフ.com

2018/3/12 17:05


街中で最もよく見かけるのが交番の警察官でしょう。とはいえ、交番の警察官がどんな日常を送っているか知る人は少ないはず。全国に約6千か所も設置されている交番は、一般的に3交代制で2人以上の勤務が原則です。そこで、交番勤務の日常について現職警察官に聞いてみました。

交番の警察官は職務質問や現行犯のノルマがある

交番勤務の警察官の主な仕事は?


一般市民と直接触れ合う機会の多い交番勤務は警察活動の基本でもあり、警察学校を卒業するとほとんど全員が経験するもの。警視庁では警察学校を出て最初の2年間は男性は交番勤務、女性警察官は駐禁取り締まりをやることになっています。

交番勤務の警察官の主な仕事は「一般警ら活動(パトロール)」と「巡回連絡」。巡回連絡とは担当地域内の各世帯や会社などを訪問し、何か変わったことはないか、新たに転入・転出した人はいないかを確認して情報収集する仕事を指します。

同じ交番でも、繁華街と住宅地では忙しさが違うもの。歌舞伎町交番には常時10人近い警察官が詰めていますが、その分忙しいということです。夜ともなれば泥酔者の保護や、酔っ払い同士のトラブルなどに駆り出されます。

交番の警察官に職務質問のノルマ


そして、交番の警察官には職務質問や現行犯などノルマがいろいろあります。最も簡単なのが、職務質問から何か引き出すやり方です。とりあえず自転車の防犯登録確認が手軽でやりやすいでしょう。

警察官職務執行法では「異常な挙動その他周囲の事情から合理的に判断して何らかの犯罪を犯し、若しくは犯そうとしていると疑うに足りる相当な理由のある者」という規定です。しかし、その判断は現場の警察官に委ねられています。

職務質問をしても何もやましいところがない人がほとんどなので、警察官は威圧感や嫌悪感を与えないように笑顔で接することが重要です。威圧感を与えず近づく警察官はベテランといえるでしょう。

あなたにおすすめ