薔薇のようにメレンゲをあしらった「白バラ丼」

ぐるなび

2018/3/12 15:10

3月10日放送の「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系、午後12時00分~)では、東京・築地の絶品まかない飯を特集した中で、「築地・つな男」(東京都中央区)が紹介された。

同店は地下鉄日比谷線・築地駅から徒歩4分、まぐろの仲卸業者が営む、まぐろや全国の厳選した旬の魚が頂ける寿司店だ。

店を訪れた石塚英彦さんの所に運ばれて来たのは、メレンゲをバラのように盛り付けて下にバラチラシを潜ませた「白バラ丼」(1,940円/税込)だ。
余った魚をちらし寿司としてアレンジし、黄味しょうゆで味付けしたまぐろやサーモン、いくらをはじめとした9種の具材を使用。鮪のコラーゲンが入った特製メレンゲをバラのようにあしらった豪華な海鮮ちらしが完成となる。
どんぶりを頂いた石塚さんは「このメレンゲもちゃんと意味ありますね、入ることによって全体がまろやかな感じにもなりますね、うめーこれ!」と食べ進めると、どんぶりは2段階になっており、さらに下の段には鰻が隠れていると店の方からのコメント。石塚さんは鰻を発見し、「なんで宝物を地下1階に隠したんですかね、まいう~、良いお味付いてますねあ、あ~うめ!」とどんぶりを堪能した。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

あなたにおすすめ