黒ごまをたっぷり使った「黒いカツ丼」

ぐるなび

2018/3/12 15:10

3月10日放送の「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系、午前09時25分~)では、JR湘南新宿ラインを途中下車しながら、ぶらり旅した中で、「セントポールの隣り」(東京都豊島区)が紹介された。

同店は、東京メトロ副都心線・池袋駅から徒歩2分程にあるレストラン。

お店に訪れたなぎら健壱さんは、「黒いカツ丼」(754円/税込み)を注文。なぎら健壱さんが「黒いカツ丼」を一口頂くと「黒ごまですか・・・いい香りが、ごまの香りが来て・・・」とコメント。もう一口頂くと「黒ごまの香りが良いですね」とコメントした。こちらの料理は大学生のリクエストで誕生したメニューだそうで、ご主人が大学生の健康面を考えて作ったのだとか。大学生にお腹いっぱい食べて欲しいという思いから、値段を出来るだけ安く提供しているそうだ。

他にもお店のメニューとして「白いカツ丼」(754円/税込み)を紹介。トンカツにとろろをかけたボリュームあるメニューで、大学生や就職活動中の人が験担ぎで食べにくるのだそう。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

あなたにおすすめ