太賀&吉田羊、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』出演決定 壮絶な母子関係を描く

クランクイン!

2018/3/12 09:00

 俳優の太賀が、映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』で主演を務めることが決定した。主人公の母親役を吉田羊が演じることも分かり、キャストたちからのコメントが到着した。

【写真】「太賀」フォトギャラリー

本作は、人気ブロガーで漫画家などとしても活躍する歌川たいじが自身の母親との関係を描いた同名コミックエッセイが原作。社会人として働くタイジ(太賀)が、友人との出会いをきっかけに自身の壮絶な過去を振り返りながら、何年もの間、関係を断っていた母(吉田)と向き合い、その愛を取り戻そうとする親子の愛を描いた物語だ。共演には、森崎ウィン、白石隼也、木野花らが顔を揃え、監督は『すーちゃん まいちゃん さわ子さん』の御法川修が務める。

主演の太賀は「歌川さんの実人生を追体験するのは勇気がいる事でしたが、タイジという役の人間的な愛おしさと、たくさんの困難を乗り越えて来たという事実が、何よりも僕を突き動かし、演じるうえでの原動力になりました」と語るほか、「心の底から嬉しかったことや、心の底から悲しかったこと、主人公が感じてきた事が何一つとして溢れ落ちないよう、全力で演じました」と撮影を振り返る。

また、母親役の吉田は「脚本を読んでも原作を読んでも、この『母さん』に共感できない、なのに気付けばボロボロ泣いていました」と作品の印象についてコメント。「子の躰の底から湧いて尽きない母への愛の叫びが、太賀さんの苦しいほどに繊細なお芝居と私演じる未熟な母を通して皆様の心に届いたら幸いです」とメッセージを寄せている。

映画『母さんがどんなに僕を嫌いでも』は、2018年秋より全国ロードショー。

あなたにおすすめ