最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

『アイアンマン』、『アナと雪の女王』、『スター・ウォーズ』をモチーフにした義手を3Dプリントで作るOpen Bionics

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
180308_bionic_hands_disney
Image: Open Bionics

リパルサーレイも吹雪も出せませんが、超クール!

子供向けの義手を作っているイギリスのスタートアップ企業Open Bionics。ここでは従来の常識を打ち破り、3Dプリンターによって『アイアンマン』、『アナと雪の女王』、『スター・ウォーズ』などをモチーフにした義手を製造しています。

事故や病気など原因はさまざまでしょうが、自分の身体の一部を失うのは辛いことですよね。ですがこれなら、子供たちに夢や希望を与えられ、ハンデを持つことに少しでも前向きになってもらえるのです。



3Dプリントには40時間を要しますが、従来の1/30のお値段で完成します。

驚くなかれ、これらは子供に夢を与える製品だからか、あのディズニーが版権をフリーで提供しているとのこと。今やマーベルもルーカス・フィルムも、ディズニーの傘下となった時代。それにOpen Bionicsは、これまで毎年約75億円を義手や義足に使ってきた国民保健サービスと共同でこの事業を運営しています。なので時代とタイミング、科学技術と子供たちへの優しさで許可がおりたのでしょうね。

『アイアンマン』タイプはもちろん、『スター・ウォーズ』はライトセーバーがモチーフとなっており、どちらもLEDで光ります。ほかにも、ゲーム『デウスエクス』の主人公アダムの義手も作ったりと、選択肢が増えています。



これらの義手は、タブレット端末で腕を撮影し、個々の腕に合わせて作っています。肌にはセンサーが触れるようになっており、微妙な筋肉の動きで手を操作できるのです。ただ見た目がカッコ良いだけでなく、実際かなり繊細な動きが可能で、人間ができる動きがほぼ再現できるのがまた凄いところ。



彼らのゴールは、子供たちが義手であることを前向きに捉えてもらうこと。初めて装着する子供たちは愛顔に溢れており、それを見るためにこうした義手を作っているのでしょうね。

Image: Open Bionics
Source: YouTube(1, 2, 3), Open Bionics

岡本玄介

外部リンク(ギズモード・ジャパン)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

おもしろ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス