肉質日本一&稀少和牛“大山黒牛”が東京進出

Joel dinnerは3月26日、和牛ブランド“大山黒牛”が地元・鳥取県以外で唯一焼肉で食べられる店「焼肉 強小亭GINZA」を東京・銀座にオープンする。

鳥取県は“和牛王国”と言われるほど、子牛を多く生産している県。平安時代より大山山麓には牛馬のご加護を願う人々が集い、江戸時代には全国唯一の牛馬市として栄え、明治時代には日本最大の市へと発展、長い歴史の中で血統の良い牛を育ててきた和牛の本流の地とされている。

しかし、三重県松坂市や兵庫県神戸市、岐阜県飛騨市といったほかの地域ブランドに比べると知名度が低く、鳥取和牛が一般に知られていないという課題があった。そこで、地元発の和牛ブランドを掘り起こし発信しようと立ち上がったのが“大山黒牛”だ。

鳥取和牛“大山黒牛”は、豊かな自然に抱かれた鳥取県大山町で飼育。昨年開催された和牛の改良の成果やその優秀性を競う「全国和牛能力共進会(通称:和牛オリンピック)」では、花の7区といわれる種牛能力と産肉能力を総合評価する部門で鳥取和牛が1位を獲得。日本一の和牛と認定された。

“大山黒牛”の特徴は、脂の上質さ、軽さ、深み。均一にきめ細かく脂が入っているため、旨みが深いのに軽さがあり、とてもさっぱりとした霜降りと赤身の絶妙なバランスが楽しめる。

現在の飼育頭数は130頭と少なく、1か月に2頭しか出荷されないため、「焼肉 強小亭GINZA」では部位によっては数量限定の提供となるが、その時々のおすすめメニューをコースにて提供していくという。

☆店舗概要
店舗名:焼肉 強小亭GINZA
住所:東京都中央区銀座7-12-4友野本社ビル1階
電話番号:03-3545-0707
アクセス:地下鉄銀座線 銀座駅徒歩7分
営業時間:17時00分~23時00分 月曜日定休
HP:https://kyoshotei-ginza.com/

あなたにおすすめ