新しい京都の魅力が生まれる場所「RAKURO 京都-THE SHARE HOTELS-」今春オープン!

IGNITE

2018/3/12 06:00


四季を通じて 何度も訪れたくなる京都。地域プレイヤーと連携した「京都の今」「身近な京都」を楽しめるオリジナルコンテンツの提供により、新しい京都の魅力に出会い、体験できる場を目指して「RAKURO京都-THE SHARE HOTELS-(ラクロ京都 ザ シェア ホテルズ)」が今春オープン。宿泊予約も開始されている。



地方の中心市街地には活用されていない遊休化した不動産が点在し、人通りの寂しくなってしまったエリアも珍しくない。そこで、地域の人と旅行者がつながる場と宿泊機能を併せ持つリノベーションホテルが「THE SHARE HOTELS」だ。

「RAKURO 京都」は、京都御所南に位置するオフィスビルをリノベーションしたホテルで、京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅より徒歩2分、観光名所の京都御所や二条城に近く、祇園エリアや嵐山など各観光スポットへアクセスの良い立地に誕生。

客室は、グループやファミリー、カップルなど複数名での旅行に最適。その他、ライブラリー&ラウンジ等のシェアスペースは、宿泊客はもちろん、宿泊以外の客・地域の人も気軽に利用可能。また、オリジナル街歩き・サイクリングマップや周辺観光のためのブックセレクトなど、京都の魅力を感じられるコンテンツも用意されている。



全56室の客室は、2~4名まで泊れる個室。また客室構成は、ジュニアスイート(定員4名)やスーペリアタイプ(定員4名)、コンパクトなスタンダードタイプ(定員2~4名)など、旅のスタイルにあわせて利用できる全6種類が揃う。



標準的なツイン・ダブルタイプのほか、畳のあるジャパニーズスタイルの部屋も。日本の住まいの持つ質感、やわらかさ、安らぎを上質に表現した客室だ。「COZY」をキーワードに、小上がりの畳エリアなど和の心地よさを感じるコンテンポラリーデザインに仕上げた。

また、ライブラリー&ラウンジ、ルーフトップテラス、シェアキッチンなど充実した共用部を利用することにより、宿泊をより快適に楽しく過ごせるようになっている。



「RAKURO 京都」は「洛と人をむすぶ路」をコンセプトに、街をより深く知るきっかけを地域の人と共に提供し、今までと違う旅の楽しみ方を見つける拠点となるだろう。

・URL:https://www.thesharehotels.com/rakuro/
・所在地:京都府京都市中京区常真横町186

〔部屋タイプ〕

・JUNIOR SUITE:48平米、48,000円~/室
・SUPERIOR4:30~32平米、24,000円~/室
・STANDARD 4:29平米、21,000円~/室
・STANDARD 3:24~25平米、16,500円~/室
・STANDARD TWIN:19~22平米、15,000円~/室
・STANDARD DOUBLE:19平米、14,000円~/室

(田原昌)

あなたにおすすめ