ホワイトデー「倍返しが普通なの?!」悩ましい男子ママの“お返し選び”は〇〇で決まり!

街中がチョコレート色に染まったバレンタインデーから1カ月。お返しをするホワイトデーがもうすぐやってきますね。

ⓒtatsushi-stock.adobe.com

「わが息子はチョコをもらえるだろうか…」のドキドキ感や、無事もらえた時のホッとした安心感もつかの間、男子ママは「何を返せばいいの!?」と悩むのがホワイトデーです。

聞くところによると「ホワイトデーは倍返しが普通」といううわさもチラホラ。お返しに悩む男子ママの憂うつと対応策をご紹介しましょう!

■「あれ、誰からもらったんだっけ?」チョコをもらった子の名前を再確認!

もらったチョコがひとつだけなら、「誰からもらったんだっけ」と悩むこともありませんが、数人からもらうと「あの子とあの子と…あれ? 誰だっけ?」となりがち。うっかり忘れてしまうと、ホワイトデー前日にママがあわてることになります。

実際に、モテモテ男子のママが「メモをしておかないとホワイトデーで渡しそびれそうで怖い。息子に聞いても忘れたって言われるから困っちゃう…」と話していました。その子は5個以上受け取っていたので納得でしたが、意外に、それほど付き合いのない女の子が突然くれることもあります。2、3個もらった場合でも、油断は禁物。

わが子がチョコをもらったら、自分で考えてお返しできるような小学校高学年くらいになるまでは「誰から何をもらったのか」メモをするなどで親が把握しておき、ホワイトデーのお返しもれがないようにしておくことをおすすめします。

■男子ママを悩ますうわさ「ホワイトデーは倍返しが普通なの?!」

賛否両論ありますが、ホワイトデーのお返しにかける金額は「倍返しが普通」とよく耳にしますよね。ただ、これは幼稚園児や小学生の場合には、あまり気にしなくていいのではないかと私は思います。

“普通”がどうかはさておき、できればいただいたものと同額程度でお返しをしたいところ。市販品であれば、「どのくらいかかっているのか」をさり気なくリサーチしておきたいところです。

ただ、手作りのものやいくらなのかどうしてもわからない市販品もありますよね。金額がわからないからと、高額なものをお返しするのも、逆に相手に負担と思わせてしまうかも。

そういった時には、ホワイトデーのお返しアイテムがたくさん並んでいるショップでリサーチするのも手です。大体300~500円程度の価格帯のものが種類豊富にそろっているので、そのあたりが“一般的なお返し”なのかもしれません。ある程度金額を決めて対応するといいでしょう。

■「女の子はどんなものが好き?」男子ママのセンスが問われる“お返し選び”


ⓒhanabiyori-stock.adobe.com

幼稚園~小学校低学年くらいまでであれば、ママがお返しを用意することは、女子ママもわかっています。お互いに負担をかけたくない気持ちは同じなので、高額になり過ぎると恐縮されてしまう可能性があります。

かわいい文房具などもいいですが、女の子は男子以上に“好きなもの”へのこだわりが強い子が多く、「かわいいけど、あまり好きじゃない…」と言われてしまう危険もあります。お菓子であれば消えものですし、アレルギーだけ気をつけていれば、家族が代わりに食べることもできるので安全策です。

大切なのは、「ありがとう」の気持ちを込めること。そんなに高額なお返しではなくても、子どもが書いたカードなどを添えて渡すのもステキなホワイトデーになります。

また、お返しの数が多い時は、かわいいパッケージの大袋チョコやお菓子はいかがでしょうか? 子どもと一緒に小分けにして、中が見える透明なクリアバッグに入れてラッピングするのもおすすめですよ。

わが息子たちは、長男だけバレンタインデーの翌日にひとつもらって帰ってきました。中身は手作り、初めてのバレンタインです。ママ同士が仲の良い子からだったのでホワイトデーにはあまり悩んでいませんが、これがたくさんあったらと思うとドキドキしてしまいます。

それでもチョコをもらえてうれしそうな子どもの顔を見たら、「ホワイトデーの準備、面倒…」とは口が裂けても言えないものですよね。「ありがとう」の気持ちと一緒にお返しして、笑顔で過ごせる日にしましょう!

(土屋 菜々)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ