最新ニュース、芸能、ネットの話題をまとめ読み

 

向井理、家計を預かる“そろばん侍”に! 新感覚“経済”時代劇で主演

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 俳優の向井理が、5月スタートの土曜時代ドラマ『そろばん侍 風の市兵衛』(NHK総合/毎週土曜18時5分)で主演を務めることが発表された。向井はそろばんに長けた、剣の達人の侍を演じる。

【写真】「向井理」フォトギャラリー

本作は、町民文化が花開く一方、武士が経済的に逼迫した文政の世の江戸を舞台に繰り広げられる新感覚時代劇。半年ごとの契約で家計を預かる、現代の会計士兼経営コンサルタントに当たる「渡り用人」の唐木市兵衛が、あらゆる商売を経て身に付けた得意のそろばんで武家や大店などさまざまな家を渡り歩きつつ、風のようにしなやかな剣で実直に生きる人々を苦しめる悪を成敗していく。

向井が主人公の市兵衛を演じる他、一筋縄でいかない食えぬ人柄で“鬼渋”とあだ名される北町奉行所の同心・渋井鬼三次役に原田泰造、旗本・御家人を取り締まる筆頭目付で市兵衛の歳の離れた異母兄・片岡信正役に筒井道隆、小料理屋の女将で信正の恋人・佐波役を橋本マナミが演じる。また、渡り用人をあっせんする口入屋の主人で市兵衛と旧知の仲である矢藤太役を渡辺いっけいが務める。

土曜時代ドラマ『そろばん侍 風の市兵衛』は、NHK総合にて5月19日より毎週土曜18時5分放送。3話ごとの3部構成で全9話を予定している。

外部リンク(クランクイン!)

Yomerumoをフォローする

Yomerumoから人気記事をお知らせします!

Twitter

エンタメ最新記事

記事一覧

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。
すべての人にインターネット
関連サービス